広告

今日の主役はぼく!わたし!簡単ちびっこシェフレシピ☆

今日の主役はぼく!わたし!簡単ちびっこシェフレシピ☆
2018年1月6日(土) 18時15分 提供元: 食育ずかん
今日の主役はぼく!わたし!簡単ちびっこシェフレシピ☆
今日の主役はぼく!わたし!簡単ちびっこシェフレシピ☆

今回はクリスマスにピッタリなトマトソースニョッキのご紹介です。
少し工程が多いですが、比較的簡単なので、作ってみて下さい。
【一緒に作る保護者の方へ】
このレシピはお子さんが主体となって作れる簡単なものですが、加熱や包丁を使う作業がありますので、年齢に合わせたお手伝いをお願いします。
お子さんが出来る部分はなるべく手を出さずに見守ってあげて下さいね。
【トマトソースニョッキ】
<材料>(4人分)
《ニョッキ》
じゃがいも・・正味300g
卵黄・・2個分
打ち粉・・適量
A
小麦粉・・100g〜
塩・・小さじ1/2
粉チーズ・・大さじ2〜3
《トマトソース》
オリーブオイル・・大さじ1
にんにく・・1片
玉ねぎ(みじん切り)・・1/2個分
トマト水煮缶・・1缶
ハーブ類・・ドライ、フレッシュなどお好みで(入れなくてもOK)
砂糖・・味を見て
塩、こしょう・・各少々
オリーブオイル、粉チーズ・・お好みで
<作り方>

じゃがいもは皮付きのまま丸ごと茹で、熱いうちに皮をむいて300g計り、フォーク等で細かくつぶす。
フライパンにオリーブオイル、潰したにんにくを入れて弱火で加熱する。
にんにくの香りがしてきたら玉ねぎを入れ、しんなりしするまで炒める。
トマトの水煮缶・ハーブ(お好みで)を入れ、トマトを潰しながらフツフツと沸く位の火加減で最初の半量位になるまで煮る(15〜20分位目安)。
味を見て、酸味が強いようなら砂糖を加え、塩・こしょうで味を調える。
ボウルに(1)・卵黄を入れてよく混ぜる。
全体が混ざったらAを加え、切るようにさっくり混ぜ、ひとまとめにする。
台に打ち粉をし、(4)を乗せて半分に分け、それぞれ直径1cm位の棒状にする。

(5)を1.5cm長さ位に切り、丸める。
フォークに粉を付け、丸めたニョッキをフォークの背に押し当てて成形する。

鍋にたっぷりの湯を沸かして塩を加え、(6)を入れる。
下に沈んでいた生地が浮いたら1分程茹で、ザルに上げる。
(7)を器に盛り、温め直した(3)をかける。
お好みでオリーブオイル・粉チーズをかけていただく。






<ポイント>

今回はじゃがいもを丸ごと茹でましたが、加熱方法はお好みのやり方で構いません。
ポイントは、竹串がじゃがいもの中心までスッと刺さるまでしっかり火を通す事です。
作業の順番としては、じゃがいもを加熱している間にソースを作ると効率よく作業できます。
(作り方もその順で記載しています。)
じゃがいもの食感を残すためにフォークで潰していますが、滑らかな方が良い場合は裏ごして使用してください。
トマトソースの玉ねぎはじっくり火を通す事で甘みを引き出せます。
トマト缶は酸味が強い物が多いので、しっかり加熱しましょう。
ソースとニョッキを絡めて盛りつけても美味しいです。

ニョッキはソースを変えるだけで様々な味が楽しめます。
また、グラタンのようにして食べても美味しいので、ぜひお好みの食べ方を見つけてみて下さいね。
Text by さゆり/食育インストラクター

《ShokuikuZukan》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告