広告

今日の主役はぼく!わたし!簡単ちびっこシェフレシピ☆

今日の主役はぼく!わたし!簡単ちびっこシェフレシピ☆
2018年4月20日(金) 16時45分 提供元: 食育ずかん
今日の主役はぼく!わたし!簡単ちびっこシェフレシピ☆
今日の主役はぼく!わたし!簡単ちびっこシェフレシピ☆

発酵不要!スコーンをご紹介します。
卵を入れるレシピもありますが、今回は卵不使用で作ります。
【一緒に作る保護者の方へ】
このレシピはお子さんが主体となって作れる簡単なものですが、加熱や包丁を使う作業がありますので、年齢に合わせたお手伝いをお願いします。
お子さんが出来る部分はなるべく手を出さずに見守ってあげて下さいね。





【卵不使用スコーン】
☆下準備☆
・オーブンは210に予熱します
・バターは計量したら小さく切っておきます
・バター、牛乳は計量したら冷蔵庫で冷やしておきましょう
※時間がある時は全ての材料を冷やしておくとベストです。
○材料(丸抜き型7cmで6個分)※5cm位だと8~10個取れます
A
全粒粉(または薄力粉)・・・200g
グラニュー糖・・・大さじ2(約24g)
塩・・・小さじ1/4(約1.5g)
ベーキングパウダー・・・10g
バター・・・60g
牛乳・・・150g
打ち粉・・・適量
※あれば強力粉が望ましいです。
○作り方

Aをボウルに入れ、フォーク・ゴムベラ等で切るように混ぜバターを細かくする
※やりにくい場合は手で細かくしてもいいです。

(1)のバターと粉が一体になり、サラサラになったら牛乳を加え、切るように混ぜる

軽くまとまったら、打ち粉をした台に(2)を取り出し、カードやスケッパーで半分に切り、重ねて手で押す

(3)の作業を何回か行い、生地全体がまとまってきたら、 麺棒で2cm厚位に伸ばし、型抜きする

オーブンシートをしいた天板に(4)をのせ、予熱したオーブンで12~15分焼く
※5cmの抜き型→12分目安   7cmの抜き型→15分目安

○ポイント

今回は全粒粉100%で作っていますが、薄力粉のみや薄力粉と混ぜても作れますので、お好みで調整して下さい。
バターが溶けてしまうと、独特のサクサク感が出にくいので、使うまで冷蔵庫で冷やしておくといいです。
牛乳を冷やしておくのもバターを溶けにくくするためです。
切って重ねながらまとめる事で、生地が層になり(パイ生地と同じです)、独特の割れ目や食感になります。
生地を練ってしまうと、グルテンが出て粘りが強くなるので、注意しましょう。
今回は有塩バターを使用していますが、無塩バターでも構いません。
その際は加える塩の量を少し増やして下さい。
作ってみて塩分が強いと感じた場合は、材料の塩を抜いていただいても構いません。
抜き型がなければ小さな口径のグラスなどで丸く抜くか、包丁などで三角や四角に切っても出来ます。
オーブンがない場合はフライパンを使用して弱火でじっくり焼いても作れます。
時間の目安はオーブンに入れる時間と同じくらいです。
仕上がりはオーブンとは異なりますが、しっとりとした感じになります。
途中でひっくり返して焼く事で、焦げるのを防ぎます。
カードやスケッパーは100円ショップでも購入できます。
(私が使用しているものも100円ショップで購入したものです。)
お好みでクリームやジャムをつけて召し上がってください。
ボウルを使わずに、台の上で作る事も出来ます。工程はほぼ同じです。
下記に写真を載せておきますので、参考にしてみて下さい。


○全粒粉
今回使用した全粒粉は普段使用している小麦粉と同じ小麦が原料です。
小麦は外側からふすま(表皮)・胚芽(はいが)・胚乳(はいにゅう)という部分に分けられます。
一般的な白い小麦粉は小麦の胚乳部分を粉にした物ですが、全粒粉は小麦の胚芽やふすま(表皮)も全て粉にした物です。
全粒粉は香ばしい香りと食感が特徴で、食物繊維やビタミン・ミネラルが豊富です。
材料さえあれば、計量から焼成まで30分程で作れますので、ぜひ作ってみて下さい。
Text by さゆり/食育インストラクター

《ShokuikuZukan》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告