広告

子どもと一緒に梅シロップを作ろう!

子どもと一緒に梅シロップを作ろう!
2018年6月1日(金) 13時30分 提供元: 食育ずかん
子どもと一緒に梅シロップを作ろう!
子どもと一緒に梅シロップを作ろう!

スーパーなどで梅を見かけたら、今年こそ梅シロップを作ろう♪
夏のかき氷シロップや、炭酸水で割ってもおいしい♪
簡単に作れて、使い方はいろいろ。
夏が楽しみになりますよ!!
【梅シロップ】
<材料(2L容器)>
青梅・・・500g
氷砂糖・・・500g
酢・・・30g
※酢を加える事で殺菌作用によりカビの繁殖や発酵を抑える効果があります。
また、おすすめなのはりんご酢です。
やわらかいフルーティーな酸味がプラスされるので、子どもでもおいしく召し上がれます。 
<下準備>
入れる容器は煮沸消毒しておきましょう。
しっかり乾かしてくださいね。
保存食に水気はNGです!!
※ガラス容器を使用する場合、熱湯をいきなりかけると割れてしまう恐れがあるため、60以上のお湯を注いでガラス容器を温め、お湯を捨ててから熱湯を満タンに注ぎ、10分位置きましょう。
ポイントは口のところまで満タンに注ぐことです。
<作り方>

青梅は竹串でヘタを取り除き、サッと洗う
(1)をきれいなふきんでふき、盆ザルに広げて日の当たらないところでしっかり乾かす
保存容器に氷砂糖・(2)の青梅を交互に入れて酢を回しかけ、日の当たらない冷暗所に置く
梅全体に溶けた氷砂糖がまわるように、1日1~2回瓶を上下にかえす
※梅がカビるのを防ぐためにも忘れずに!






3週間~1か月くらいで梅がしわしわになり、シロップの色が変わってきたら、梅のエキスが十分出たサインです。
梅を取り除き、シロップだけを保存します。
シロップは煮沸消毒をした保存容器に移し、冷蔵庫で半年くらい美味しくいただけます。
シロップを加熱殺菌し、冷まして容器に保存すれば1年くらいは持ちます。
ただ、梅の風味を楽しみたい方はひと夏で使い切ることをおすすめします。
残った梅は梅ジャムや梅ペースト、ドライフルーツにできますよ♪
梅シロップは簡単なので今年こそと思っている方はぜひ!挑戦してみてくださいね♪
Text by くまこ/食育インストラクター

《ShokuikuZukan》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告