広告

子どもっていつからコーヒーを飲ませていいの??

子どもっていつからコーヒーを飲ませていいの??
2018年9月7日(金) 15時30分 提供元: 食育ずかん
子どもっていつからコーヒーを飲ませていいの??
子どもっていつからコーヒーを飲ませていいの??

私はコーヒーが大好きで、よく飲んでいます。
そんな時、子どもたちから「飲んでみた―い!飲みたい!!」といつも言われます。
皆さんもご存知の通り、コーヒーにはカフェインが含まれています。
子どもはカフェインの影響を受けやすいためNGと言われています。
では一体何歳ごろからコーヒーを飲ませてもよいのでしょうか?
調べてみました!
【カフェイン摂取による子どもへの影響】

中枢神経を興奮させるため、ハイテンションになる
利尿作用があるため、夜中のトイレが近くなる
眠気を感じなくなり、睡眠が妨げられる

といった影響を受けやすくなります。
【子どものカフェイン摂取量の目安は?】
カフェイン摂取量に関する世界統一基準はありませんが、各国、各団体でそれぞれ定めているようです。
食品のリスク評価を行っている内閣府食品安全委員会では、「現段階では食品からのカフェイン摂取についてのリスク評価を実施していません。~中略~海外では、子供のカフェイン摂取目安量を示している国があります。お子さんが、お茶やチョコレート等を一度に大量に摂り過ぎないように留意してください。」(東京都福祉保健局 東京都食品安全FAQより抜粋)とあります。
カナダ保健省では「カフェインの悪影響が出ない一日当たりの最大摂取量について、4~6歳は45mg、7~9歳は62.5mg、10~12歳は85mgとしています。
また、韓国食品医薬品安全庁(KFDA)では、カフェインの一日最大摂取量として子どもは体重1kg当たり、2.5mg以下としています。
私の娘は5歳で19kgなので、47.5mg。
カナダとさほど差はないですね。
【カフェインが含まれる主な食品】
(東京都福祉保健局 東京都食品安全FAQより抜粋)
※チョコレートND…限界測定量
コーヒー以外のせん茶やウーロン茶、紅茶、コーラ、チョコレートなどにもカフェインは含まれます。
これらの食品を一度に大量に摂り過ぎないように注意する必要がありそうです。





【コーヒーは何歳からOK?】
UCCのホームページの「何歳くらいから子供に(コーヒーを)飲ませていいの?」という質問に以下のような回答があります。
「個人差、状況によって違いますが、一つの目処として次のように言えます。
12~15歳以上で、大人なみに体重が50kgを超えていたら、大人と同じようにコーヒーを飲んでもかまいません。
10歳以下の子供には、基本的に控えた方かがよいかと思います。
しかし、6歳ぐらいから上の子でしたらミルクで1/4程度に薄めれば大丈夫でしょう。
((社)全日本コーヒー協会「珈琲と健康」より)」
また、ある番組で専門家の先生が「実年齢というよりも体のサイズを考える事が大事」と話されていました。
以上をまとめると、全て個人差によることが前提ですが、コーヒーは体重が50を超えた高校生ぐらいから飲んでも大丈夫という事が言えそうです。
カフェインによる子どもへの悪影響を理解した上で、大人がしっかりと監督して楽しく美味しいコーヒーと関わっていけるといいですね。
Text by くまこ/食育インストラクター

《ShokuikuZukan》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告