広告

今日の主役はぼく!わたし!簡単ちびっこシェフレシピ☆

今日の主役はぼく!わたし!簡単ちびっこシェフレシピ☆
2018年10月29日(月) 16時30分 提供元: 食育ずかん
今日の主役はぼく!わたし!簡単ちびっこシェフレシピ☆
今日の主役はぼく!わたし!簡単ちびっこシェフレシピ☆

「Trick or Treat!お菓子をくれないとイタズラしちゃうぞ☆」
の掛け声でおなじみのハロウィン。
日本では子ども達が変装してご近所をまわることはほとんどありませんが、お友達や家族と一緒にハロウィンパーティーをする方は多いのではないでしょうか。
今回はパーティーのお菓子や手土産、お持ち帰り用お菓子としても使えるイタリア菓子「バーチ・ディ・ダーマ(貴婦人のキス)」をご紹介します。
【一緒に作る保護者の方へ】
このレシピはお子さんが主体となって作れる簡単なものですが、加熱や包丁を使う作業がありますので、年齢に合わせたお手伝いをお願いします。
お子さんが出来る部分はなるべく手を出さずに見守ってあげて下さいね。
【バーチ・ディ・ダーマ】
<下準備>
・バターは常温でやわらかくしておく
・オーブンを170に予熱しておく
<材料>
A
アーモンドプードル・・30g
薄力粉・・30g
かぼちゃパウダー・・5g
グラニュー糖・・30g
B
アーモンドプードル・・30g
薄力粉・・30g
抹茶パウダー・・5g
グラニュー糖・・30g
バター・・30g×2
お好みのチョコレート・・適量
<作り方>

Aをボウルに入れてよく混ぜ、やわらかくしたバターを入れて混ぜ、全体をまとめる
Bをボウルに入れてよく混ぜ、やわらかくしたバターを入れて混ぜ、全体をまとめる
A・Bそれぞれ40等分にして丸め、天板に並べる
予熱しておいたオーブンで8~10分焼き、しっかり冷ます
好みのチョコレートを湯せんで溶かし、焼けたAに付け、Bで挟む
※A同士、B同士でもOKです。






<ポイント>

バターは指で押すと指が入るくらいのかたさにしてから他の材料と混ぜてください。
バターがかたいと混ざらずに分離してしまいます。
寒い時期に作る場合は、溶けないように気を付けながら電子レンジを活用してください。
すべての材料を混ぜた時点で生地があまりにもべた付く時は10分ほど冷蔵庫で休ませてから作業するとやりやすいです。
バターが多い生地なので、冷やし過ぎると丸めにくくなります。
焼き上がり直後は崩れやすいので、あまり触らずしっかりと冷めてから次の作業をおこないましょう。
年齢的に小さなお子さんと行う場合は、丸める作業やチョコレートを付ける作業をやってもらうと楽しく出来ます。
(3歳のおチビも楽しくやっていました。)

混ぜて丸めて焼くだけの簡単レシピです。
ぜひお試しください!
Text by さゆり/食育インストラクター

《ShokuikuZukan》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告