広告

今日の主役はぼく!わたし!簡単ちびっこシェフレシピ☆

今日の主役はぼく!わたし!簡単ちびっこシェフレシピ☆
2018年12月6日(木) 14時15分 提供元: 食育ずかん
今日の主役はぼく!わたし!簡単ちびっこシェフレシピ☆
今日の主役はぼく!わたし!簡単ちびっこシェフレシピ☆

寒さが厳しくなってきましたね。
今回のちびっこレシピは、ぶどうジュースを使った「ホットワイン風」の飲み物レシピをご紹介します!
【一緒に作る保護者の方へ】
このレシピはお子さんが主体となって作れる簡単なものですが、加熱や包丁を使う作業がありますので、年齢に合わせたお手伝いをお願いします。
お子さんが出来る部分はなるべく手を出さずに見守ってあげて下さいね。
【ホットワイン風】
<材料(カップ4杯分)>
ぶどうジュース(赤)・・600ml
オレンジ・・1個
シナモンスティック・・1本
グラニュー糖・・小さじ2~

<作り方>

 オレンジは皮をむき、5~6mm厚のいちょう切りにする。
鍋に適当な大きさに割ったシナモンを入れ、ジュース・(1)・グラニュー糖を入れ、弱火にかける。
沸騰しないように5分ほど温め、シナモンなどの香りがしたらカップに注ぐ。






【ポイント】

ぶどうジュースは果汁100%のものを使用して下さい。
清涼飲料水扱いのものは砂糖など添加物が多く、加熱した際にぶどうのよい香りが薄い場合があります。
オレンジは皮ごと輪切りにして入れる場合が多いのですが、柑橘系の皮には防腐剤が付いているものがほとんどなので、今回は皮をむいています。
また柑橘の白い部分は苦みが強いので、今回はそこも取り除いています。
沸騰するとジュースのえぐみなどが出たり、ぶどうの香りが飛んでしまうので、沸騰しない程度に温めてください。
果汁100%なので砂糖を足して作っています。
グラニュー糖の方がすっきりとした甘さですが、上白糖でも構いません。
今回は香辛料としてシナモンの実を使用しましたが、お好みでクローブや黒こしょうのホールがあればそちらを使用するとより本格的です。
クローブはオレンジとの相性もよい香辛料です。

【ジュースの定義】
ジュースとは「果実や野菜を搾った汁(果実飲料)」であるとJAS法で定義されています。
果汁(野菜も含む)100%(還元果汁も該当)のものがジュースとされ、該当するものは果実飲料が濃縮果汁・果実ジュース・果粒入り果実ジュース・果実ミックスジュース・果実、野菜ミックスジュース・果汁入り飲料などがあります。
果汁(野菜も含む)のほかにいろいろと添加されている場合は「清涼飲料水」に分類されます。
ジュースと清涼飲料水では味や風味が異なるので、料理やお菓子を作る際にジュースとなっていたら、100%のものを使うといいですね。
香辛料を使うので大人な雰囲気がありますが、シナモンスティックなので香りもほんのり香る程度。
普段は冷たくして飲むジュースですが、寒い季節はぜひ温かくして飲んでみて下さい。
砂糖をはちみつに変えても美味しいですよ~!
Text by さゆり/食育インストラクター

《ShokuikuZukan》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告