広告

添えるだけではもったいない!?驚くべきクレソンのパワー!!

添えるだけではもったいない!?驚くべきクレソンのパワー!!
2019年5月10日(金) 17時15分 提供元: 食育ずかん
添えるだけではもったいない!?驚くべきクレソンのパワー!!
添えるだけではもったいない!?驚くべきクレソンのパワー!!

ハンバーグやステーキの横に添えられているのをよく目にする「クレソン」。
彩りを補うためのものと思い、そのままお皿の上に残してはいませんか?
ちょっと待って!
クレソンはおいしいだけでなく、栄養面でも優れた野菜です。
食べないのはもったいないですよ!!
【一般的に広まったのはごく最近!?】
クレソンはヨーロッパ原産の水生植物です。
山地の清流がある場所に多く自生することから英語では、「ウォータークレス」と呼ばれています。
また、ピリッとした爽やかな辛味をもつことから、「オランダガラシ」、「ミズガラシ」という和名がつけられています。
14世紀以降にフランスなどで栽培が行われ、日本には明治時代に持ち込まれたと言われています。
しかし、当時はあまり普及することはなく、その後、洋食文化が一般的になるとともに徐々に広まって行きました。
【おいしいクレソンの見分けかた】
スーパーなどでみかけるクレソンのほとんどが栽培もので、最近では1年中安定して手に入るようになりましたが、3~5月が最も色鮮やかで葉がやわらかく、おいしい旬の季節です。
購入する時には、葉がたくさんついていて緑色が濃く、茎がまっすぐ伸び、全体にハリがあるものを選びましょう。
クレソンは乾燥に弱いので、冷蔵庫に入れる時には湿らせたペーパータオルで包み、ビニール袋に入れて野菜室に立てて保存します。
【クレソンには女性に嬉しい効果がいっぱい!!】
クレソンは、β-カロテン、ビタミンCが豊富な緑黄色野菜です。
このほかに、葉酸、カリウム、カルシウム、鉄も多く含まれています。
β-カロテンは体内でビタミンAに変わり、皮膚・粘膜の健康や視力維持に働きます。
また、すぐれた抗酸化作用を持ち、がん予防にも効果が期待出来ます。
ビタミンCは、β-カロテンと同様にすぐれた強い抗酸化作用があり、さらにコラーゲンの生成を助けるので血管や骨、皮膚を丈夫にします。
葉酸は、赤血球をつくるのに欠かせないビタミンで、不足すると貧血になってしまうおそれがあります。
また、胎児や乳幼児の成長に不可欠で、妊娠中や授乳中にぜひ摂っていただきたい栄養素のひとつです。
カリウムは余分なナトリウムを排出し高血圧・むくみ予防に、カルシウムは骨や歯を丈夫にし、骨粗しょう症予防に役立ちます。
貧血予防に働く鉄は非へム鉄で、体内で吸収されにくいものですが、クレソンにはビタミンCも豊富に含まれているので、鉄の吸収率を高めてくれます。





【彩りとしてだけではない、肉料理にクレソンが添えられる理由】
クレソンのピリリとした辛みは、わさびや大根などと同じ辛み成分「シニグリン」によるものです。
シニグリンは、すりおろしたり、よく噛んですりつぶすことで生成され、消化促進・食欲増進効果や胃もたれを防いでくれる働きがあります。
肉料理の付け合わせによく使われるのは、味や彩りだけでなく、これらの効果もあるからでしょう。
加熱するとこの成分は生成されないので、辛みを抑えたい場合には炒め物にしたり、揚げたりするのがおすすめです。
ただし、その場合はシニグリンの効果は期待できません。
【クレソンとカッテージチーズのサラダ】
生のクレソンを使いピリリとした辛みをいかしたサラダをご紹介します。
ドレッシングには、はちみつとりんご酢を使い、フルーティーに仕上げました。

<材料>
クレソン・・2束
カッテージチーズ・・適量
生ハム・・6~8枚
【はちみつドレッシング】
はちみつ・・大さじ1
りんご酢・・大さじ1
塩・・・小さじ1/4
こしょう・・少々
サラダ油・・大さじ2
<作り方>

クレソンは葉を摘み、水にさらしてパリッとさせておく。
※茎は斜め薄切りにして、一緒に水にさらして下さい。
ボウルに、はちみつ・りんご酢・塩・こしょうを入れ、調味料が溶けたらサラダ油を少しずつ垂らしながら混ぜ合わせ、ドレッシングを作る。
大きめなボウルに水気をしっかりと切ったクレソンを入れ、半量のドレッシングを加え和える。
器に(3)、カッテージチーズ、生ハムを盛り、残りのドレッシングをかける。

【クレソンの天ぷら】
「生で食べるのはちょっと苦手」といった方には加熱して辛みを抑えた天ぷらはいかがでしょうか?

<材料>
クレソン・・1~2束
小麦粉・・適量
A水・・1カップ
A卵・・1個
A小麦粉・・1カップ
揚げ油・・適量
<作り方>

クレソンは4~5cm長さに切る。
ボウルに水・卵の順に入れて泡立て器でよく混ぜる。
(2)にふるったAの小麦粉を2~3回に分けて加え、都度泡立て器で8の字を書くように混ぜる。
別のボウルにクレソンをひと掴みいれ、小麦粉を少量まぶす。
(3)の衣を適量入れて混ぜ合わせて全体に衣をつける。
おたまなどを使って(4)を180に温めた揚げ油の中に入れ、片面30秒ずつ揚げて油をしっかりときる。

今がおいしい旬のクレソン。
彩りだけでなく、さまざまな料理で楽しみたいですね。
苦手な方は、ぜひ天ぷらや炒め物などからチャレンジしてみてはいかがですか?
Text by まち/食育インストラクター

《ShokuikuZukan》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告