コムスコアがベテラン幹部Han Seng Lim氏を東南アジア顧客サービスチームの責任者に起用

2021年11月23日(火) 17時48分 - コムスコア

AsiaNet 93221 (2954)

【レストン(米バージニア州)2021年11月23日PR Newswire=共同通信JBN】さまざまなプラットフォーム上のメディアのプランニング、取引、評価を行うための信頼できるパートナー、コムスコア(Comscore、NASDAQ:SCOR)は、Han Seng Lim氏をコムスコアの東南アジア顧客サービスリードコンサルタントに任命したと発表した。今回の任命により、コムスコアにはアジア太平洋地域で強みと経験が加わり、Lim氏は、コムスコアが同地域で築いてきた既存、新規両顧客との関係をさらに強固なものにしていく。Lim氏は、アジアの映画業界で20年以上、ビジネスを経験し、セールスで成功を収めている。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/327730/comScore_Logo.jpg

Lim氏は直近まで、Universal Pictures Internationalの東南アジア地域セールス・マーケティング担当地域バイスプレジデントとして、市場開拓や顧客との関係構築を通じて、ビジネス目標を上回る実績を残してきた。それ以前は、映画業界でさまざまな上級職を歴任した。

Lim氏は、シンガポール国立大学で経営学士号を取得し卒業した。

コムスコアのFrank Perikleousアジア太平洋・豪州映画担当バイスプレジデントは「パンデミックに見舞われた地域でのLim氏の経験と市場への幅広い理解は、東南アジアの劇場ビジネスに対する当社の知見を強化してくれるはずだ。特に、多くの東南アジア市場が長期間のロックダウンを経て再開されている今、再建、成長にはデータの分析、収集支援が不可欠になる。Lim氏は、世界有数の興行データベースであるコムスコアのInternational Box Office Essentials(IBOE)サービスを提供するとともに、コムスコアのShowtime AnalyticsやGower Streetとの関係を活用したデータ分析やマーケティング情報の最新技術を興行界に提供し、業界にこれまでにない情報、コミュニケーション・プラットフォーム、地域的守備範囲も提供していく」と語った。

▽コムスコアについて
コムスコア(Comscore、NASDAQ:SCOR)は、さまざまなプラットフォーム上のメディアのプランニング、取引、評価を行うための信頼できるパートナーである。コムスコアは、デジタル、リニアTV、ネット配信、劇場の視聴者情報と高度なオーディエンスインサイトを組み合わせたデータ履歴を提供することで、メディアの買い手や売り手がマルチスクリーン行動を数値化し、自信を持ってビジネス上の意思決定を下せるようにしている。デジタル、テレビ視聴者と広告の大規模測定で実績のあるリーダーであるコムスコアは、信頼性のある包括的なクロスプラットフォーム測定を行う、業界新興のサードパーティソースである。

ソース:Comscore

▽問い合わせ先
Neil Ripley
Comscore, Inc.
+1 (646) 746-0579
press@comscore.com

プレスリリース詳細へ