日本で栽培されたマカ、全世界で販売開始

日本産マカの特徴
2013年4月30日(火) 17時00分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
日本産マカの特徴
日本産マカの特徴

 日本マカは、国内で完全無農薬栽培した『日本産マカ』について、世界中での販売をスタートした。

 同商品は、国内で種から栽培し、完全無農薬で安心・安全のマカ。成分は、ペルー産マカと比べ「ベンジルグルコシノレート」が数十倍、「アルギニン」が数倍、「タンパク質」は約2倍含まれている。マカの葉を茶葉にしたマカティーは、緑茶・紅茶・煎茶・抹茶と比べ、アミノ酸、カルシウムが数倍含まれている。

 日本は、ペルーと同じような、厳しい自然環境の場所がないため、生産するのはこれまで不可能だった。しかし、十数年の失敗の連続を経て、本場ペルー産以上の高品質な日本産マカの生産体制が確立されたという。

 マカは、タンパク質・ミネラル・ビタミン・食物繊維・活性成分等が豊富にバランス良く含まれているアブラナ科の野菜で、原産地はペルーと言われている。本場ペルーでは標高4,000m以上の低酸素・寒暖の差が厳しい環境で育ち、土壌の成分を根こそぎ吸収する強い生命力を持った植物で、元気で健康な日々、美容、更年期、アンチエイジング等、老若男女の健康維持・増進に効果が期待できるとされている。

《浦和 武蔵》

関連記事