広告

厚生労働省が、第19週目のインフルエンザの発生状況を発表

出典(国立感染症研究所感染症疫学センター インフルエンザ流行レベルマップ)
2013年5月23日(木) 15時00分
出典(国立感染症研究所感染症疫学センター インフルエンザ流行レベルマップ)
出典(国立感染症研究所感染症疫学センター インフルエンザ流行レベルマップ)

 厚生労働省は、2013年第19週(5月6日から5月12日まで)分の、インフルエンザ発生状況を発表した。

 第19週の定点当たり報告数は1.91で、前週の定点あたり報告数2.36よりも減少。定点医療機関からの報告をもとに、定点以外を含む全国の医療機関をこの1週間に受診した患者数を推計すると、約11万人で減少した。年齢群別では5から9歳、10から14歳がともに2万人だった。また、2012年第36週以降、これまでの累積の推計受診者数は約 1,354万人だった。

 都道府県別では、宮崎県(6.61)、富山県(4.56)、福岡県(4.25)の順になり、8県で前週の定点あたり報告数より増加した。全国の保健所地域で警報レベルを超えているのは1県(2か所)で前週と変わらなかったが、保健所地域で注意報レベルのみを超えているのは3県(3か所)と減少している。

 2013年第14週から第18週の国内インフルエンザウイルスの検出状況をみると、B型がもっとも多く検出されており、以下AH3亜型、AH1pdm09の順になっている。

《浦和 武蔵》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告