もっとも多く飲まれている炭酸飲料水とその理由

500ml以下のペットボトル購入商品ラインキング
2013年6月4日(火) 10時15分
500ml以下のペットボトル購入商品ラインキング
500ml以下のペットボトル購入商品ラインキング
500ml以下の各ペットボトル商品に関する購入理由
500ml以下の各ペットボトル商品に関する購入理由
購入率が高いペットボトル商品の購入者について
購入率が高いペットボトル商品の購入者について
ペットボトル商品の購入場所
ペットボトル商品の購入場所

 ソフトブレーン・フィールドは、「炭酸飲料」の購入に関する調査を行い、その分析レポートを発表した。

 同社は、2013年4月1日から28日の間、クレジットカード会社であるクレディセゾンのネット会員(男性950人、女性1,793人)を対象に、購入レシートによる炭酸飲料水の購入とその理由を調査した。

 まず、炭酸飲料水の購入レシートが2,743枚あったのに対し、ペットボトル500ml以下の炭酸飲料水の購入は1,723レシートで全体の62.8%だった。

 500ml以下のペットボトル購入レシートから商品名を調べたところ、1位は「三ツ矢サイダー(アサヒ飲料)」で206レシート。2位は「コカ・コーラ(日本コカ・コーラ)」で160レシート。3位は「オランジーナ(サントリー)で146レシート。4位は「コカ・コーラゼロ(日本コカ・コーラ)」で131レシート。5位は「ペプシ/ペプシネックス(サントリー)」で120レシート。6位は「メッツコーラ(キリンビバレッジ)」で109レシートという結果に。

 昨年発売され、3位となった「オランジーナ」の購入理由として、『オレンジジュースなのに甘すぎず酸っぱすぎず、すっきりした炭酸が飲みやすい(30代・既婚女性)』、『味が良くて、さっぱりして飲みやすく、私も家族も気に入っている(40代・既婚女性)』というコメントがあった。また、5位にランクインしたトクホ(特定保健用食品)商品「メッツコーラ」を購入した人は、『コーラが好きで太り気味、できるだけ油を吸収しないようにこれにした(50代、男性)』というコメントがあったり、同じくトクホ商品の「ペプシスペシャル(サントリー)は74レシートで8位に入っていた。

 続いて、炭酸飲料水の購入場所を容器タイプ別に調査したところ、「ペットボトル500ml以下」は、スーパーが58.2%で、コンビニは23.4%、ドラッグストアは10.7%。「ペットボトル1,000mlを超える容量」は、スーパーが71.8%、ドラッグストアは17.3%、ディスカウントストアほかが7.7%だった。

 上位となった商品の購入理由として、1位の三ツ矢サイダーは「品質が良さそう(67.5%)」、「素材・原材料が良さそう(39.8%)」、「売場で目立っていた(29.6%)」との回答だった。2位のコカ・コーラは、「味・香りが好み(93.8%)」、「飲みやすい(88.8%)」、「企業イメージがいい(66.3%)」、3位のオランジーナは「パッケージにひかれて(54.8%)」、「家族が気に入っている(52.1%)」との結果に。

 また、「魅力的な商品特徴がある」商品として、メッツコーラが82.6%、ペプシスペシャルは77.0%。「体に良さそう」な商品としても、メッツコーラが68.8%でペプシスペシャルは64.9%だった。

 この結果から、長期間販売されている1位の三ツ矢サイダーや2位のコカ・コーラは、品質や飲みやすさが評価されており、近年発売された6位のメッツコーラや8位のペプシスペシャルは、健康を意識したトクホ商品である点が購入理由になっているようだ。炭酸飲料水の美味しさは当然として、ヘルシー志向の高まりが伺える。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事