美容医療サービスで気を付けたい5つのポイントとは?

美容クリニックとは?(イラスト:政府広報オンラインより)
2013年7月3日(水) 18時30分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
美容クリニックとは?(イラスト:政府広報オンラインより)
美容クリニックとは?(イラスト:政府広報オンラインより)
美容医療の分野
美容医療の分野
美容医療サービスに関する年度別相談件数(資料:消費者庁)
美容医療サービスに関する年度別相談件数(資料:消費者庁)
性別年代別相談件数
性別年代別相談件数
相談窓口の例
相談窓口の例

 梅雨明け前の7月上旬。街行く人たちのファッションはすっかり「夏モード」となり、半袖姿で涼しげな身なりの人が増えている。

 この時期は、肌の露出が増えるため「脱毛」を考える人もいるだろう。市販の脱毛クリームを使用して自宅でケアをするケースもあれど、電車の中吊広告や雑誌で見かける“美容医療サービス(美容クリニック)”の利用を検討する人もいるのではないだろうか。

 美容医療とは、人の容姿をより良い状態にする医療分野を指す。「美容整形(形成外科分野)」、「美容皮膚(皮膚科分野)」、「美容内科(内科分野)」の3つの分野があり、専門知識や技術をもつ医師が診察や施術を行っている。

 この美容医療を、内科や外科のクリニックと同じようなものと、思っている人は要注意。多くの美容医療は保険適応外であり、費用は全額自己負担となる。また、医師による施術の手法、使用する医療器具や材料などは、担当医師の裁量によるところが大きく、サービスを受ける医療機関によって、大きな差があると言われている。こういった美容医療は以前から行われているが、クリニックの施術が原因で、トラブルが発生しているケースも少なくない。

 そういった状況をふまえ、内閣府大臣官房政府広報室が運営する「政府広報オンライン」(最終更新:平成25年7月1日)では、「美容医療サービス」の利用を検討している人に向けて注意を呼び掛けている。

 同広報室によると「キレイになりたい」、「かわいくなりたい」という思いで受けたはずの美容医療サービスで、予想外の腫れや痛みなどに苦しめられるトラブルが、20代から30代の女性を中心に、幅広い世代で数多く発生しているという。そこで、美容医療サービスを受ける前に知ってほしいことと、注意点を発表した。

 以下では、とくに重要となるポイントを抜粋して紹介する。

1:美容医療サービスってどんなもの?
 ・専門知識や技術をもつ医師が「レーザー脱毛」や「脂肪吸引」、
  「シミ取り」、「二重まぶた手術」などを行う。
 ・健康保険の適用外。
 ・サービスを受ける医療機関によって大きな差がある。
 ・身体的な危害を受けるなどのトラブルが増加傾向。

2:トラブルは増えているの?
 ・相談件数は平成22年度からの3年間で5千件を超える。
 ・生命・身体に係わる危害に関連する相談件数も年々増加。
 ・20代後半から30代前半の女性が多い。

3:どんなトラブルが発生しているの?
 ・皮膚への施術によるトラブル
  脱毛の施術中に痛みがあり、終わったあと腕や足がミミズ腫れに。
  腫れが引いたあと、赤く縦に火傷の痕の線が残った。
  (平成25年2月発生・女性・20歳代)

 ・皮下への施術によるトラブル
  脂肪吸引の施術前に、術後1か月くらいは腫れると説明があったが、
  手術して3か月経っても二の腕が上がらず痛みを感じる。下半身の手術
  (を受けるの)が不安になりキャンセルして、クレジットの組み換えを
   求めたができないと言われた。
  (平成24年5月発生・女性・40歳代)

 ・切開などの外科的施術によるトラブル
  インターネットで二重まぶたの美容整形を検索し、メスを使わない二重施術が
  31,500円と広告があった。病院でのカウンセリングで全切開施術を勧められ、
  施術を受けて代金42万円をクレジットカードで支払った。翌日、切開痕が裂けて
  出血し、腫れて眼が開けられなかった。その後、腫れや出血が続いた。
  二重まぶたにはならず、腫れているのでメガネで隠さないと外出できない。
  (平成24年3月発生・女性・40歳代)

4:サービスを受ける前の注意点は?
 ・ホームページや広告などの情報をうのみにしていないか?
  厚生労働省が定めた「医療機関ホームページガイドライン」はあるものの、
  未だ不適切な表現を行っている医療機関のホームページや広告が
  多くみられるので、十分にご注意を。

 ・医療機関に行く前に、受けたい施術や医療機関の情報をきちんと確認したか?
  施術内容を詳しく調べる。担当医師の経歴や専門分野を確認する。

 ・施術を決める前に、リスクや施術効果についての説明を求める。
  施術による副作用や合併症(痛み・出血・腫れ・火傷・神経障害など)が
  あり得るか、施術後に状態が安定するまでに要する期間はどのくらいかなど
  リスクについて、しっかりと説明を求めることが必要。
  自分が「何を」したいのかをしっかりと医師に伝えることが重要。

 ・その施術は本当に必要か?
  初診当日にいきなり施術を勧めたり、当初の予定にはない追加オプションを
  勧めたり、より効果があると言って高額な施術を勧められることがある。
  本当にその施術を行うのがよいのか、施術方法などが自分の求めるものと
  合うのかなどを冷静に自分で判断を。即日施術は絶対に止めましょう。

5:トラブルにあったときの相談先は?
 ・美容医療サービスをめぐるトラブルにあったときは、一人で悩まず、
  早めに最寄りの消費生活センターなどに相談する。
 ・美容医療サービスは、特定商取引法の適用外となり、クーリング・オフや
  中途解約ができない。いったん契約すると、解約や返金が難しいケースが
  あるため、契約は慎重に行う。

 美容医療によって、今以上の美しさを得られる可能性はあれど、必ずしも望んでいる状態になれる保証はない。美容医療サービスを利用する前に、金銭的な負担と身体的なリスクを背負ってでも、施術を受ける必要があるのか、冷静に考えることが大切だろう。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事