梅雨明け直後は『熱中症』に注意!

梅雨明け直後は熱中症が増加傾向! 
2013年7月9日(火) 15時00分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
梅雨明け直後は熱中症が増加傾向! 
梅雨明け直後は熱中症が増加傾向! 
熱中症の予防と対策を行なおう
熱中症の予防と対策を行なおう

 サニーヘルスは、同社が運営するmicrodiet.netにて、調査レポート「梅雨明け直後に患者が急増!熱中症の予防と対策」を公開した。

 めまい、だるさ、食欲不振…もしかしてもう夏バテ? と感じたら、それはもしかすると熱中症の初期症状かもしれない。

 梅雨が明けると熱中症になる人が急増する。暑さにまだ体が慣れていないためか、とくに梅雨明け直後が多いそうだ。暑い日はもちろんであるが、それほど暑さを感じない程度の気温でも、年齢、体調、水分量、環境、運動の強度や労働の程度などのいろいろな要素によって、熱中症の症状を起こすことがある。

 熱中症というのは、体から水分が失われる『脱水』が最初に起きる病気である。この脱水状態は、脱水症になりかけていても自覚症状がないため「かくれ脱水」と呼ばれているという。かくれ脱水は熱中症の最初の段階である。

 熱中症は人によって症状の重さや進行度は異なるが、必ず最初の段階にこのかくれ脱水がある。そして実は夏バテも隠れ脱水が原因の場合が多いという。ここで水分とナトリウムの補給をしないと、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなる。これにより体内に熱がたまり、熱中症の症状が現れ始める。

《浦和 武蔵》

関連記事