広告

【美眠ライフセミナー】キレイになるための美容と眠りをプロから学ぶ

美眠ライフセミナーの様子
2013年8月9日(金) 15時15分
美眠ライフセミナーの様子
美眠ライフセミナーの様子
日本は睡眠不足大国。5人にひとりの日本人が不眠症で悩んでいる
日本は睡眠不足大国。5人にひとりの日本人が不眠症で悩んでいる
睡眠不足は肌のトラブルや老化などを引き起こす原因になる
睡眠不足は肌のトラブルや老化などを引き起こす原因になる
セミナー参加者にふるまわれた『麹町カフェ』のオリジナル軽食
セミナー参加者にふるまわれた『麹町カフェ』のオリジナル軽食
プレゼントとして配布された、ディセンシアの美白シリーズ『サエル』10日間トライアルセットと、スマートスリープのピローミスト
プレゼントとして配布された、ディセンシアの美白シリーズ『サエル』10日間トライアルセットと、スマートスリープのピローミスト
パラマウントベッド コンシューマーチーム・睡眠アンバサダーの山品善嗣氏
パラマウントベッド コンシューマーチーム・睡眠アンバサダーの山品善嗣氏
ポーラ研究所 肌科学研究部・主任研究員・医学博士の大島宏氏
ポーラ研究所 肌科学研究部・主任研究員・医学博士の大島宏氏

 去る8月7日、都内にて、美容と睡眠に関心がある女性を集めた『お肌と眠りのプロから学ぶ・美眠ライフセミナー』が開催された。

 同イベントは、ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド・decencia(ディセンシア)と、睡眠研究や寝具の提供を行っているパラマウントベッド(スマートスリープストア)のコラボレーション企画。忙しい毎日を送る現代女性の「キレイと健康」を応援するために、美容と睡眠のプロが、正しい美容と眠りに関するセミナーを行った。

 まず最初に、パラマウントベッドのコンシューマーチーム・睡眠アンバサダーの山品善嗣氏と、ポーラ研究所の肌科学研究部・主任研究員・医学博士の大島宏氏が登場。「2人のプロによる快眠&美肌診断」として、セミナー参加者2名の1日のスケジュールを例に、最適な睡眠時間や入浴、美容を行うタイミングなどについて説明がおこなわれた。

 続いて、睡眠アンバサダーの山品氏による講演「美眠ライフのススメ ~眠り編~」がスタート。以下では、山品氏が話した内容のうち「快眠のコツ」を一部抜粋して紹介する。

 【快眠のコツ】
 ■規則正しい生活
 ・規則正しい就床時刻と起床時間(就床は眠くなってから)
 ・規則正しい食事時間(朝食と夕食が大切)

 ■光を上手に使う
 ・就寝前は光を浴びないようにする。
 ・就床1時間前からはテレビ、パソコン、携帯電話の画面を見ない。
 ・日中は太陽の光を浴びる(特に起床時に日光を浴びて体内時計をリセット)。

 ■就寝前にリラックスして眠る準備を整える
 ・スイッチを切ったようには眠れない。
 ・脳と体を眠るモードにしてから就床する。
 ・寝酒、タバコ、カフェイン飲料は睡眠の質を低下させる。
 ・心の落ち着く音楽を聴く。

 ■食事は就床3時間前までに済ませる
 ・満腹だと眠れない、消化器官が休息できない。

 睡眠アンバサダーの山品氏の講演のあと、ポーラ研究所 肌科学研究部の大島宏氏による「美眠ライフのススメ ~お肌編~」セミナーがおこなわれた。大島氏はスキンケアのポイントとして、美肌の鍵である「角層」を整えるケアが大切であるとし、保湿液などを肌にのせる前は、手で温めてのせると浸透がアップすると話した。また、身体の冷えを避けるために、入浴時は浴槽につかって身体を温めたり、冷たいドリンクの飲み過ぎを控えることや、冷房のあたり過ぎへの注意を呼び掛けていた。

《ダイエットクラブ編集部》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告