広告

夏野菜の定番メニューといえば?

トマトやきゅうりなどの夏野菜を使った定番メニューといえば? 写真提供:Getty Images
2013年8月20日(火) 18時15分
トマトやきゅうりなどの夏野菜を使った定番メニューといえば? 写真提供:Getty Images
トマトやきゅうりなどの夏野菜を使った定番メニューといえば? 写真提供:Getty Images
「夏野菜」として思い浮かぶもの<7都道府県別>
「夏野菜」として思い浮かぶもの<7都道府県別>

 例年にない猛暑日が続いているが、8月も残すところあと数日。サマーレジャーを満喫するのもよいが、この時期ならではの「夏野菜」を楽しめるタイミングでもある。夏野菜にはいくつかの種類があり、食べ方もさまざまだが、一般的にはどの程度認知され、どのような方法で食べられているのだろうか。

 株式会社ドゥ・ハウスが、20代から60代の男女2,042名を対象に行った「夏野菜」に関するアンケート調査で、「夏野菜」として思い浮かぶ野菜を選んでもらったところ、「トマト」が54.9%で1位となり、2位は「キュウリ」で45.8%、3位は「ナス」で36.9%だった。

 続いて、夏野菜をおいしく食べる方法を聞くと、『素材そのまま』、『生が一番』、『スティックにしてバリバリかじる』、『夏野菜は、切ってそのままが美味しい』という意見もあれば、『胃を冷やさない食事が、夏バテ防止になると思うので、生で食べ過ぎない』という人もいた。

 また、夏野菜を使った具体的なメニューを尋ねたところ、以下のような回答を得られた。

 ■夏野菜を使った具体的なメニュー
 ・カレー
 ・冷製パスタ
 ・麺類(冷やし中華・冷麺・うどん・そうめん)
 ・ゴーヤチャンプルー
 ・ラタトゥイユ
 ・焼き茄子
 ・酢の物
 ・温野菜
 ・漬物
 ・おひたし

 このほか、夏バテの予防や対策として、この時期に意識して食べるようにしている食材やメニューを聞いてみると、『きゅうりやトマトで水分補給して体を冷やす(41才/福岡県)』、『トマトやきゅうりなど、体を冷やす食材を食べる(37才/広島県)』、『スタミナアップのために、ネバネバ食材のオクラ、モロヘイヤ、山芋などとゴーヤ(44才/福岡県)』、『豚肉はビタミンB1が摂れるので意識して摂るようにしている(46才/北海道)』など、食材の特徴や栄養素を意識した食事を心がけている人が目立った。

写真提供:Getty Images

《ダイエットクラブ編集部》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告