【SPAIN GOURMET FAIR 2013 vol.1】テイスティングし放題! 20社が来日してスペインワインをアピール

「SPAIN GOURMET FAIR 2013」ワインフロアの様子
2013年10月4日(金) 13時15分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
「SPAIN GOURMET FAIR 2013」ワインフロアの様子
「SPAIN GOURMET FAIR 2013」ワインフロアの様子
ワインメーカー「ティント・フィゲロ - パゴ・デ・サンガラ」の出展テーブル
ワインメーカー「ティント・フィゲロ - パゴ・デ・サンガラ」の出展テーブル
ワインメーカー「ボデガス・スアソ・ガストン」の出展テーブル
ワインメーカー「ボデガス・スアソ・ガストン」の出展テーブル
ワインメーカー「ボデガス・リオ・ネグロ」の出展テーブル
ワインメーカー「ボデガス・リオ・ネグロ」の出展テーブル
ワインメーカー「ボデガス・ムリエル」の出展テーブル
ワインメーカー「ボデガス・ムリエル」の出展テーブル
試飲用のロゼワインを、ワイナリースタッフがグラスに注いでくれているところ
試飲用のロゼワインを、ワイナリースタッフがグラスに注いでくれているところ
試飲したロゼワイン「PEREGRINO ROSADO」※2013年10月3日時点で日本未発売
試飲したロゼワイン「PEREGRINO ROSADO」※2013年10月3日時点で日本未発売
スペインワインの試飲している参加者
スペインワインの試飲している参加者
ワインメーカーのスタッフと談笑している参加者の様子
ワインメーカーのスタッフと談笑している参加者の様子
ワインメーカーのスタッフが、試飲用のワインをグラスに注いでいるところ
ワインメーカーのスタッフが、試飲用のワインをグラスに注いでいるところ
ワインを試飲している参加者たち
ワインを試飲している参加者たち
 10月2日と3日の2日間、ホテルニューオータニ東京にて、『スペイングルメフェア2013』が開催された。

 同イベントは、スペイン食品とワインを紹介する展示商談会。日本企業とスペイン企業のビジネス交流を支援する目的で、スペイン貿易投資庁、スペイン大使館経済商務部、スペイン国内にある商工会議所が合同で運営しており、今年で13回目を迎えた。

 今回来日したスペイン企業は40社(ワイン20社、フード20社)。7つの商工会議所の推薦と、厳正なる審査を経て選ばれた各企業のスタッフたちは、会場となったホテルニューオータニ東京内の2フロアを使用して、スペインのフードとワインをアピールしていた。以下、本記事では、ワインフロアの様子を紹介する。

 ワインフロアの入り口には、テイスティング用のワイングラスが用意されており、イベント参加者たちは、ワイングラスを手に取って入場。

 フロアの壁伝いにスペインワインメーカー各社のテーブルがあり、数種類のワインが並べられていた。スペイン人のスタッフが、日本人の通訳者を介してワインの質問に答えてくれたり、試飲やテイスティングを希望すれば、その場でスタッフがグラスにワインを注いでくれた。

 会場に揃えられていたワインの種類は実に多彩。スペインワインの代表とも言われる、スペイン北東部のリオハ地方で収穫・製造されたリオハワインはもちろん、カスティーリャ・ラ・マンチャ州のアルバセテ県産のアルマンサワインのほか、カスティーリャ・レオン州のサモラ県一帯と、一部バリャドリード県に広がるドゥエロ川南部のトロで作られたトロワインなど、さまざまなワインが出品されていた。

 このうち、カスティーリャ・イ・レオン州のレオン県に200ヘクタールを超えるぶどう畑を有するというワイナリーのボデガス・ゴルドンセジョが出品していたロゼワイン『PEREGRINO ROSADO』を試飲してみた。

 さわやかな酸味とすっきりした後味で飲みやすく、ディナーワインとして、気軽に楽しめそうな味わいだった。なお、試飲したロゼワインは日本未発売で、今後日本での展開を検討しているとのこと。

 このほか、イベントに参加した人たちは、スペインから来日したスタッフたちとコミュニケーションを取りながら、興味があるワインを自由にテイスティングし、その味を堪能している様子だった。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事