健康に“自信”がない人は約3割…「未来の健康」に関する調査

健康に対する「自信」の有無
2013年11月21日(木) 12時15分
健康に対する「自信」の有無
健康に対する「自信」の有無
将来の健康について
将来の健康について
将来の健康不安に対する予防策
将来の健康不安に対する予防策
「遺伝子検査」について
「遺伝子検査」について

 オールアバウトが運営するマーケティング・チャネル「生活トレンド研究所」は、1都3県在住の20歳から59歳の男女898名を対象に、「未来の健康」に関するアンケート調査を実施し、その結果を発表した。

 同調査で、『健康に対する“自信”の有無』を尋ねたところ、29.3%の人が「あまりない」と回答。「ある」と答えた人は15.5%、「多少ある」と答えた人は53.7%だった。

 続いて、現在健康であると回答した人に、「5年後」、「20年後」の健康について聞いたところ、「5年後の健康が不安」だと答えた人は52.6%、「20年後の健康が不安」と答えた人は76.3%となり、5年から10年後の健康に不安を抱いている人が多いことがわかった。

 そこで、不安を感じている人たちに予防策をとっているか聞くと、24.6%が「とっていない」と回答。「とろうと思っているが、まだできていない」という人は49.9%だった。

 このほか、ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーが行ったことで話題になった「遺伝子検査」についての質問では、39.6%の人が「受けてみたいかどうかわからないが、興味はある」と回答。しかし、15.4%の人は「受けたくはないし、興味もない」と答えている。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事