冬に役立つ『はちみつ』の効能とは?…microdiet.net

「はちみつ」のイメージ画像
2014年1月21日(火) 14時00分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
「はちみつ」のイメージ画像
「はちみつ」のイメージ画像
「はちみつ」のイメージ画像
「はちみつ」のイメージ画像

 サニーヘルスは、同社が運営するmicrodiet.netにて、調査レポート「冬のトラブルに、はちみつが有効」を公開した。

 のどの痛みや咳止めに、「はちみつ」が有効だという情報は多い。「はちみつの歴史は人類の歴史」という言葉もあるようで、食用やのどの痛みを抑えるだけでなく、やけどや擦り傷、湿しん、口内炎など、古来より幅広く薬用としても使われてきたようだ。

 「はちみつ」は、現代でもさまざまな民間療法に利用されているようで、一例として、口内炎の治療がある。はちみつを、口内炎ができている部分に直接塗ることで、炎症が和らぐ場合もあるのだとか。しかし、そのまま付けると痛みを伴うことがあるので、その場合は水で薄めて口に含む。10倍ほどに薄めても効果は期待できるようだ。

 また、はちみつはビタミンB1、B2を含んでいるので、日常的に口にすることで、口内炎の予防にもつながるといった、「はちみつ」に関する情報が、サニーヘルスのレポートで紹介されている。

《浦和 武蔵》

関連記事