蟹の「アスタキサンチン」とダイエットの関係…microdiet.net

蟹
2014年2月17日(月) 16時00分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
蟹
「アスタキサンチン」はベータカロテン以上の抗酸化作用がある
「アスタキサンチン」はベータカロテン以上の抗酸化作用がある

 サニーヘルスは、同社が運営するmicrodiet.netにて、調査レポート「『ごちそう』から『健康食品』に!?蟹のダイエットパワーと抗酸化力」を公開。蟹には健康やダイエットパワーもあるとしてる。

 蟹は高タンパクで脂肪・糖分も少なく低カロリー、また栄養価が高いのも特徴だ。ビタミンB1、B2、B12、ナイアシン、亜鉛、鉄、銅などのビタミン・ミネラルも豊富で、健康的な食材とされている。ほかにも、「アスタキサンチン」という成分が注目されているが、これは天然の赤い色素で、海老などにも多く含まれるカロテノイドの一種。

 アスタキサンチンは、ベータカロテンの約40倍、ビタミンEの約1,000倍もの抗酸化作用があることがわかっているとされ、生活習慣病の予防をはじめ、疲労回復や美肌効果、そして体脂肪が消費されやすくなる効果も期待できるという。

《浦和 武蔵》

関連記事