佐賀県産の食材を使った“グラノーラ作り”に挑戦!

『SAGAGRA グラノーラ教室』でイベント参加者たちが作ったグラノーラ
2014年2月19日(水) 16時15分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
『SAGAGRA グラノーラ教室』でイベント参加者たちが作ったグラノーラ
『SAGAGRA グラノーラ教室』でイベント参加者たちが作ったグラノーラ
『SAGAGRA グラノーラ教室』の様子
『SAGAGRA グラノーラ教室』の様子
グラノーラ教室の講師を務めた珈琲焙煎所の山田真弓氏
グラノーラ教室の講師を務めた珈琲焙煎所の山田真弓氏
山田氏がグラノーラの作り方を説明しているところ
山田氏がグラノーラの作り方を説明しているところ
イベント参加者たちの様子
イベント参加者たちの様子
「SAGAGRA 佐賀海苔と佐賀野菜ミックス」用の材料や調味料
「SAGAGRA 佐賀海苔と佐賀野菜ミックス」用の材料や調味料
すべての材料、調味料を入れ、全体が馴染むまで混ぜ合わせたところ
すべての材料、調味料を入れ、全体が馴染むまで混ぜ合わせたところ
混ぜ合わせたグラノーラを、オーブンシートを敷いた天板に広げている様子
混ぜ合わせたグラノーラを、オーブンシートを敷いた天板に広げている様子
60分間前後の焼き上げの間、15分毎にオーブンを開けてグラノーラを混ぜていた
60分間前後の焼き上げの間、15分毎にオーブンを開けてグラノーラを混ぜていた
グラノーラを試食しているイベント参加者たち
グラノーラを試食しているイベント参加者たち
作ったグラノーラをビニール袋に入れてパッケージングしているところ
作ったグラノーラをビニール袋に入れてパッケージングしているところ
グラノーラ専門店「GANORI」で2月13日から発売されている『SAGAGRA GIFT BOX』(価格:2750円)
グラノーラ専門店「GANORI」で2月13日から発売されている『SAGAGRA GIFT BOX』(価格:2750円)

 去る2月12日、都内にて、『SAGAGRA グラノーラ教室』が開催された。

 同イベントは、佐賀県とグラノーラ専門店「GANORI」が共同開発したオリジナルグラノーラ「SAGAGRA」の発売を記念して行われたもの。

 佐賀県は、企業やブランド、メディアとコラボ―レーションすることで、佐賀県の魅力をアピールする情報発信プロジェクト「FACTORY SAGA」を2013年に立ち上げて“コラボ事業”を展開しており、今回のグラノーラ教室もそのひとつ。

 グラノーラ教室の講師として登場したのは、埼玉県所沢市で珈琲焙煎所を営んでいる山田真弓氏。山田珈琲焙煎所は、グラノーラ専門店「GANORI」の商品製造委託先でもあり、オリジナルグラノーラ「SAGAGRA」の商品開発も担当している。

 講師の山田氏は、イベント会場に集まった女性たちを前に、オリジナルグラノーラ「SAGAGRA」の説明を行ったあと、今回挑戦する「SAGAGRA 佐賀海苔と佐賀野菜ミックス」のグラノーラ作りに必要な材料や作り方の手順を説明した。

 以下では、山田氏がグラノーラ作りの材料として用意していたものと、グラノーラ作りの下準備として紹介していたことを抜粋する。

 ■材料
 ・オートミール 90g
 ・全粒粉 10g
 ・ひまわりの種 10g
 ・パンプキンシード 10g
 ・アマランサス(佐賀県産)5g
 ・調味料(砂糖 てんさい糖)、塩、黒ゴマ、コリアンダーシード)
  ※量は適量
 ・佐賀野菜(白石蓮根、女山大根、ニンジン) 合計20g 
  ※ナッツでの代用も可
 ・植物性油(米胚芽油)10g
 ・メープルシロップ 25g
 ・生海苔(佐賀県産)8g

 ■準備
 ・生海苔は凍ったままの状態でハサミで小さめにカットし、自然解凍しておく。
 ・生野菜の代わりにナッツを使う場合は、荒くきざんでおく。
 ・グラノーラを焼くオーブンは、120度に予熱しておく。

 調理方法はいたって簡単。大きめのボールにオートミールや全粒粉、ひまわりの種などの材料を入れたあと、調味料を加えて混ぜる。その一方で、小さめのボールに、植物油やメープルシロップ、生海苔を入れてよくかき混ぜ、それをオートミールなどを混ぜた大きめのボールに入れたら、全体が馴染むまでよく混ぜ合わせる。

 このあと、あらかじめ予熱しておいたオーブンを120度に設定。ここで、天板にオーブンシートを敷いてグラノーラを広げたら、オーブンにセットし、60分間前後の時間をかけて焼き上げる。

 この60分間前後の間、15分毎にオーブンを開けてグラノーラを混ぜ、くっついた海苔をほぐしておくと、むらなくグラノーラを焼き上げることができるという。

 グラノーラが焼き上がったあとは、天板をオーブンから取り出し、冷めるまでそのまま置いて乾燥。グラノーラの予熱がとれたら完成だ。

 イベントの最後では、焼き上がったグラノーラの試食会とパッケージングが行われ、イベント参加者たちは、佐賀県産の食材を使ったグラノーラの味を楽しんでいた。

 なお、オリジナルグラノーラ「SAGAGRA」には2種類のフレーバー(さがほのかミックス/佐賀海苔と佐賀野菜ミックス)があり、2月13日から、グラノーラ専門店「GANORI」で発売されている。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事