チョコレートやトッピングで、さまざまな味の“ピノ”を楽しむ!

イベントで体験できた“ピノフォンデュ”の一例
2014年4月18日(金) 16時15分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
イベントで体験できた“ピノフォンデュ”の一例
イベントで体験できた“ピノフォンデュ”の一例
イベント来場者に配布されたオーダーシート
イベント来場者に配布されたオーダーシート
オーダーシートの裏側には、ピノフォンデュの食べ方が紹介されていた
オーダーシートの裏側には、ピノフォンデュの食べ方が紹介されていた
ピノフォンデュ用のチョコレートをカップに入れているイベントスタッフ
ピノフォンデュ用のチョコレートをカップに入れているイベントスタッフ
“ピノフォンデュ”の組み合わせ例
“ピノフォンデュ”の組み合わせ例
苺(コーティングなし)のピノを選んで、トッピングしようとしているところ
苺(コーティングなし)のピノを選んで、トッピングしようとしているところ
苺のピノを苺チョコにつけた状態
苺のピノを苺チョコにつけた状態
苺のピノに苺チョコをつけたあと、苺パウダーをトッピングした一例
苺のピノに苺チョコをつけたあと、苺パウダーをトッピングした一例
イベント会場内に特設された撮影ゾーン。スマートフォン上で専用のARアプリを起動して撮影しているところ
イベント会場内に特設された撮影ゾーン。スマートフォン上で専用のARアプリを起動して撮影しているところ
ARアプリを使って撮影した写真
ARアプリを使って撮影した写真
イベント会場の様子
イベント会場の様子

 去る4月13日、都内にて、『ピノフォンデュカフェ ~ここでしか味わえない「ピノ」体験イベント』が実施され、1,250人が訪れた。

 同イベントは、森永乳業が発売しているアイス商品「ピノ」をアピールするために、1日限定で行われたもの。

 会場となった東京ソラマチ(5Fスペース634)では、来場者にピノアイス6粒(3種類×2粒)を無料で配布。来場者たちは、6種類のチョコレートとトッピング素材の中から、それぞれ3種類を選んで、チーズフォンデュならぬ“ピノフォンデュ”を楽しむことができた。

 また、会場内には、巨大ピノパッケージと一緒に記念撮影ができるコーナーも用意。ピノのパッケージを持ち、専用のARアプリ(カザスマート)をスマートフォンで起動して写真を撮影すると、ピノオリジナルのグラフィックが合成された写真が表示される仕組みになっていた。

 なお、森永乳業の公式サイト(ピノフォンデュキャンペーンページ)には、ピノフォンデュのおいしい食べ方などが公開されている。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事