グレープフルーツかき氷に沖縄の塩をかけた、夏専用の『シャリシャリ君塩グレープフルーツ』

シャリシャリ君塩グレープフルーツ
2014年7月7日(月) 14時00分
シャリシャリ君塩グレープフルーツ
シャリシャリ君塩グレープフルーツ
シャリシャリ君ソーダバニラ
シャリシャリ君ソーダバニラ

 赤城乳業は、「吸う」ガリガリ君をコンセプトに開発した『シャリシャリ君塩グレープフルーツ』を全国のコンビニエンスストアで7月8日から夏限定で発売する。希望小売価格は120円(税抜)。

 “塩グレープフルーツ”とは、1981年に発売された「ガリガリ君グレープフルーツ」に、沖縄の塩をかけた、夏向けの新しいフレーバーである。同商品は、ガリガリ君の“シャリシャリ食感”かき氷部分だけをブロー容器に閉じ込めた、「吸う」タイプのガリガリ君で、パッケージに描かれている「ガリガリ君」も、小学生の変身ごっこのようにマスクをかぶった「シャリシャリ君」へ変身している。

 同社は「シャリシャリ君ソーダバニラ」を2005年と2006年の夏に、2シーズンのみ発売。2012年に関東・東北のコンビニエンスストアで「シャリシャリ君ソーダ」のテスト販売を開始したところ、好調な動きから、2013年に全国発売となっている。

《浦和 武蔵》

関連記事