好きな野菜1位はトマト…「かけトマ」「塩トマト」など食べ方も多様化

かけトマ 照り焼きチキン丼
2014年8月22日(金) 12時15分
かけトマ 照り焼きチキン丼
かけトマ 照り焼きチキン丼
トマトの塩漬け(塩トマト)
トマトの塩漬け(塩トマト)
トマトの八丁お味噌汁
トマトの八丁お味噌汁
トマト氷
トマト氷
「レシピブログ」編集長 久永千恵氏
「レシピブログ」編集長 久永千恵氏
「最も好きな野菜」ランキング
「最も好きな野菜」ランキング

 ダイエッターの中には、ヘルシーな食事を心がけて、積極的に「野菜」を摂っている人もいると思うが、8月31日が「野菜の日」だと知っている人はいるだろうか。

 今から31年前の1983年。全国青果物商業協同組合連合会など9団体の関係組合は、野菜についての認識を生活者に深めてもらいたいという目的で、「や(8)さ(3)い(1)」の語呂合わせから、8月31日を「野菜の日」に制定したらしい。

 「野菜の日」をきっかけに、健康的で低カロリーな野菜中心の食生活にシフトしたいものだが、そもそも、野菜を食べている人は多いのだろうか。

 料理ブログポータルサイト「レシピブログ」とトレンド総研が、野菜の日に合わせて、10代~60代の男女600名を対象に実施した「野菜」に関するアンケート結果によれば、38%の人が「1日2食程度」野菜を食べており、「1日1食程度」の人は36%、「1日3食以上」の人は16%だったという。

 また、同調査で「最も好きな野菜」について聞いたところ、全世代で1位となったのは「トマト(119人)」で、2位は「じゃがいも(55人)」、3位は「たまねぎ(54人)」だった。

 トマトの人気は、トマトを使った料理のレシピ数とも比例しているらしく、料理ブログポータルサイト「レシピブログ」の編集長を務める久永千恵氏によれば、2014年8月現在で、10万点以上のトマトレシピが投稿されているという。

 なぜ、それほどまでにトマトを使ったレシピが多いのだろうか。「レシピブログ」の久永編集長に、トマトの人気やトマトレシピの傾向について聞いてみた。

 『トマトを使ったレシピの大きな特長と言えるのが、その活用法の幅広さ。単に生野菜として食べたり、具材として使ったりするだけでなく、特にここ数年はユニークなアレンジレシピが目立つようになりました。たとえば、最近よく見かけるのが「かけトマ」という新しい食べ方を取り入れたレシピ。角切りにしたトマトを、塩コショウなどで味付けして、おかずの上にかけるというものです。「調味料」代わりに、「トッピング」代わりとして重宝されているようで、肉料理・野菜料理・卵料理など、さまざまなジャンルのレシピで応用されています。「レシピブログ」でもこの流れを受け、今年の2月に「かけトマ」レシピコンテストを実施しましたが、その際も実に450点以上の応募レシピが集まる大反響を得ました』

 さらに、久永編集長は「最近話題になっているトマトレシピ」についても教えてくれた。

 『ブームになった「塩レモン」にならって、トマトを塩漬けにした「塩トマト」も話題になっています。「塩レモン」以上にアレンジの幅も広がるので、トッピングに使ったり、炒め物に加えたりと重宝しそうです。そのほか、野菜スイーツが再トレンドになったことを受けて、トマトを使ったスイーツレシピにも注目しています。初心者へのおすすめは、ゼリーやシャーベットなどの冷たいデザートです。自然な甘さで、お子様のおやつにもぴったりだと思います。また、まだまだ暑い今の時期は、トマトを凍らせて削り、かき氷風にするのも良いかもしれません』

 「野菜」に関する調査結果や、「レシピブログ」の久永編集長の意見をふまえると、どんな食材とも相性がよく、いろいろな食べ方ができることが、トマトの魅力であり、好まれている理由と言えそうだ。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事