「フードロス」が社会問題になっていることを知っていますか?

フードロスが多いシーン
2014年10月20日(月) 12時15分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
フードロスが多いシーン
フードロスが多いシーン
食品廃棄の理由(その1)
食品廃棄の理由(その1)
食品廃棄の理由(その2)
食品廃棄の理由(その2)
フードロスを減らすためには?
フードロスを減らすためには?
上岡美保氏(東京農業大学国際食料情報学部准教授)
上岡美保氏(東京農業大学国際食料情報学部准教授)
小田理一郎氏(チェンジ・エージェント代表取締役)
小田理一郎氏(チェンジ・エージェント代表取締役)
アタウル・ラーマン・ミトン氏(ハンガー・フリー・ワールド バングラデシュ支部事務局長)
アタウル・ラーマン・ミトン氏(ハンガー・フリー・ワールド バングラデシュ支部事務局長)
菊池紳氏(Food Innovation Initiative 代表理事)
菊池紳氏(Food Innovation Initiative 代表理事)
平井巧氏(トータルフードプロデューサー/東京農業大学非常勤講師)
平井巧氏(トータルフードプロデューサー/東京農業大学非常勤講師)
イベント会場の様子
イベント会場の様子
「フードロス・チャレンジ・プロジェクト」のサイト
「フードロス・チャレンジ・プロジェクト」のサイト
農林水産省のサイト(食品ロスの削減・食品廃棄物の発生抑制のページ)
農林水産省のサイト(食品ロスの削減・食品廃棄物の発生抑制のページ)

 フードロスという、言葉を聞いたことがあるだろうか。

 フードロス(食品ロス)とは、まだ食べられるのに廃棄されてしまう食品のこと。農林水産省のWebサイト内で公開されている「食品ロスに関する資料(食品ロスの現状 平成23年度推計値)」によれば、日本では年間で1,760万トンの食品廃棄物が排出されており、このうち500~800万トンが食品ロスにあたると記載されている。

 このフードロスに関連したイベント『フードロス・チャレンジ・プロジェクト シンポジウム&ワークショップス2014』が、去る10月11日に東京農業大学内で開催された。

 同イベントは、2012年に博報堂が発足したフードロス・チャレンジ・プロジェクト実行委員会が主催となって、フードロス問題に対する情報や取り組みを紹介するもの。

 今回のイベントでは、「“食の循環とつながり”の体感」をテーマに、上岡美保氏(東京農業大学国際食料情報学部准教授)、小田理一郎氏(チェンジ・エージェント代表取締役)、アタウル・ラーマン・ミトン氏(ハンガー・フリー・ワールド バングラデシュ支部事務局長)、菊池紳氏(Food Innovation Initiative 代表理事)、平井巧氏(トータルフードプロデューサー/東京農業大学非常勤講師)の5名が、各自の考えや実践している活動などを発表した。

 以下では、「食べ物が私たちに届くまで」と題して、上岡美保氏が講演した内容の一部を抜粋する。

 ■「フードロス」が発生しているシーン
 ・宿泊施設での、フードロス率がもっとも高い
 ・結婚披露宴や宴会でもフードロスが多い
 ・家庭や食堂・レストランでは比較的少ない

 ■「フードロス」が生まれる理由
 ・食品の腐敗(鮮度が落ちた、カビが生えた)
 ・消費期限・賞味期限が切れた
 ・色や臭いで安全性に不安があった
 ・食品が中途半端に余った
 ・料理の作り過ぎや失敗

 ■「フードロス」を減らすためには(消費者/個人)
 ・食品廃棄・ロスをできるだけ出さない
 ・地産地消(国産国消)で日本農業を応援する
 ・農業を知る、理解する・生産者を意識する
 ・買いすぎない、作りすぎない
 ・賞味期限や消費期限内に使い切る
 ・人(家族・地域・世代・生産者)とのつながりを大切にする

 なお、「フードロス・チャレンジ・プロジェクト」のサイトでは、フードロス問題に関する情報や、今後のイベント予定などをチェックできる。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事