年末の大掃除が“小掃除”に!? 花王調べ

年末大掃除の実施率
2014年11月21日(金) 13時00分
年末大掃除の実施率
年末大掃除の実施率
大掃除に対する意識
大掃除に対する意識
大掃除実施日数
大掃除実施日数
大掃除実施場所 ベスト10/大掃除実施場所 ベスト10における夫婦での実施状況
大掃除実施場所 ベスト10/大掃除実施場所 ベスト10における夫婦での実施状況

 花王は、 20歳~69歳の既婚女性1,000人を対象に、「2013年の年末大掃除の実施」に関するインターネット調査と、20歳~69歳の既婚女性582名を対象に訪問調査を行った。

 調査の結果、年末の大掃除実施率が2005年の87%から2013年には61%まで落ち込んでいることが明らかになり、2005年実施率と比較すると-26%低下していた。年代別の実施率には、大きな差異は見られなかった。

 年末大掃除そのものの必要は感じているが、負担感が強く、なるべく「簡単・ラク」にすませたいと感じていることがわかった。また、「一日で集中して」というよりも、「何日かに分けて少しずつ行いたい」と考えている人が多いようだ。

 大掃除を一日でまとめて行う実施率が05年では18%だったのに対し、13年では13%と低下している一方で、平均実施日数は05年で3.2日だったが、13年では4.3日(いずれも大掃除実施者ベース)と増加。一日でしっかり「大掃除」から、何日かに小分けする「小(こ)掃除化」の傾向が見られた。

 また、大掃除は妻主体での実施が中心で、夫の参加率は依然低いことがわかった。

《浦和 武蔵》

関連記事