広告

体温が下がると体重が増える! やせるために必要なことは?

書籍『深部体温を上げれば、やせる! 不調がとれる!!』
2015年1月6日(火) 11時30分
書籍『深部体温を上げれば、やせる! 不調がとれる!!』
書籍『深部体温を上げれば、やせる! 不調がとれる!!』

 年末年始の休暇を振り返ると、つい食べ過ぎてしまったり、寒さゆえに身体を動かさなかったという人もいるだろう。

 それにくわえ、女性の場合は慢性的な「冷え」に悩まされているケースも多いが、体温が1度下がると、成人女性は1年で約4キロ、体重が増えるらしい。

 身体の冷えと太りやすさの関係性を説いているのは、体軸トレーニング(コアトレ)を考案した、コンディショニングトレーナーの有吉与志恵氏。

 有吉氏は、“やせない”と言っている人の多くが、身体が冷たく、筋肉が硬いことに着目し、医療機関と共同研究してわかったことを、著書『深部体温を上げれば、やせる! 不調がとれる!!』(講談社/1,200円+税)で紹介している。

 同書の中で特に注目したいのは、“筋肉がうまく動けるように整える運動(コンディショニング)”が解説されているところ。その運動を実践すれば、身体が深部から温まり、不調が改善され、やせやすくなるという。

 ここでポイントなのは、コンディショニングの内容。運動と聞いただけで、ストイックでハードなトレーニングを想像してしまう人もいると思うが、有吉氏のコンディショニングは、小さな子どもから80歳以上の人でも、日常的に行えるものばかりなのだとか。

 また、書籍では、コンディショニングの方法だけでなく、身体が冷える理由や、冷えが引き起こす不調の怖さ、さらに身体を温める食材・飲み物も掲載されている。

《ダイエットクラブ編集部》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告