ワインボトルのような水出し茶用ポット「フィルターインボトル」発売

フィルターインボトル
2013年4月17日(水) 16時30分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
フィルターインボトル
フィルターインボトル
フィルターインボトル
フィルターインボトル
まるでワインのよう
まるでワインのよう
注ぎ口と茶こしは一体となっている
注ぎ口と茶こしは一体となっている
水出し茶の作り方
水出し茶の作り方

 HARIOは、ワインボトルのような水出し茶用ポット「フィルターインボトル」を発売した。

 「水出し茶」とは、お湯ではなく、最初から水でいれたお茶のこと。甘み成分のテアニンやうま味成分のアミノ酸が引き出され、ビタミンCも熱で壊されることなく抽出できる。水でじっくり抽出するので、茶葉本来のまろやかなうま味が味わえる抽出法である。

 同社が発売した「フィルターインボトル」はワインボトルのようなデザインで、「ワインのように、食事のときに水出し茶をたのしんでほしい」という思いが込められているという。ボトルの中に直接、茶葉を入れ、水を一番上の目盛り(750ml)まで入れたら、フィルターを付けた注ぎ口をボトルにセットして、冷蔵庫で3~6時間抽出すると水出し茶を作ることができる。ボトルは耐熱ガラス製。緑茶や紅茶、ハーブティーのほか、赤ワインに旬のフルーツを入れてつくるサングリアや果実酒にも利用することができる。

《浦和 武蔵》

関連記事