『第3回エステティックグランプリ』グランプリが決定

大会の様子
『エステティックグランプリ』を主催する一般社団法人エステティックグランプリは、4月23日、パシフィコ横浜・国立大ホールにて『第3回エステティックグランプリ』を開催した。

同大会は、昨年の9月までにエントリーした全国549のサロンが、「顧客満足サロン部門」のランキングを決める計3回の覆面調査を受け、その上位にランキングされたサロンによって競われた。同日行われたのは、前日22日の「フェイシャル技術部門」のセミファイナルを勝ち上がった3サロンによるファイナルと、2月の選考会において出場を決めた2サロンによる「モデルサロンプレゼンテーション部門」のファイナル。

「モデルサロンプレゼンテーション部門」でグランプリを獲得した「スパ・ヴィサージュ」(北海道)のオーナー・神崎光枝氏は、「今回初出場で、自分たちが全国のどのレベルにあるか知りたかったが、まさかグランプリを獲得できるとは思わなかった。エントリー以降、この半年間で成長できたと思う。こういう機会を与えてくれたエスグラに感謝したい。またこれからもこの賞に恥じないよう、真剣に取り組んでいきたい」とコメントした。

また「フェイシャル技術部門」でグランプリを獲得した「PureBody/ピュアボディ」(兵庫道)の代表エステティシャン・増山有香氏は、「このファイナルの場に立てたことが奇跡だと思う。このエスグラによって、エステティシャンとしての振る舞いや気持ちを教えてもらった。多くの皆様に支えられた結果。今の気持ちを忘れることなく、今後はこれを一人一人のお客様に伝えていきたい」と語った。

なお、来年の第4回エステティックグランプリは、この7月よりエントリーが始まり、来年4月に再び同会場にてファイナルが開催される予定である。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次