【ビューティーワールド ジャパン】姫ギャル雑誌のモデルも登場!

雑誌『姉ageha』のブース「お姉さん百貨店」
2013年5月16日(木) 12時59分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
雑誌『姉ageha』のブース「お姉さん百貨店」
雑誌『姉ageha』のブース「お姉さん百貨店」
雑誌『姉ageha』に登場しているモデルたちのトークショー
雑誌『姉ageha』に登場しているモデルたちのトークショー
雑誌『姉ageha』の姉妹誌『小悪魔ageha』で紹介されていたアイテムなども展示
雑誌『姉ageha』の姉妹誌『小悪魔ageha』で紹介されていたアイテムなども展示
5月15日のメインステージで行われた、森柾秀美氏による無料セミナーイベント「ダイナマイト ボディ メイキング」
5月15日のメインステージで行われた、森柾秀美氏による無料セミナーイベント「ダイナマイト ボディ メイキング」
企業ブース内にて、モデルがメイクを施されているところ
企業ブース内にて、モデルがメイクを施されているところ
モデルにボディアートを行っていたブースもあった
モデルにボディアートを行っていたブースもあった
マスカラ商品を紹介していたブースのひとつ
マスカラ商品を紹介していたブースのひとつ
ネイル商品などをアピールしていたブース
ネイル商品などをアピールしていたブース
フェイスパックの実演風景
フェイスパックの実演風景
「ビューティーワールド ジャパン」のメインビジュアル
「ビューティーワールド ジャパン」のメインビジュアル

 5月13日から15日までの3日間、東京ビックサイトにて、大型のビューティーイベント「ビューティーワールド ジャパン」が開催された。

 同イベントは、化粧品やネイル、美容機器、ヘア、医療美容に関する製品やサービス、情報、技術などを扱う国内外の企業が一堂に集うビューティー関連の見本市。1998年に1回目が東京で開催され、今回で16回目を迎えた。

 会場には、「コスメティック&美容機器ゾーン」、「ビューティーサプリメントゾーン」、「ナチュラル&オーガニックゾーン」、「美容器ゾーン」、「コスメティックゾーン」、「サロンビジネスサポートゾーン」、「ヘアゾーン」、「スパ&ウェルネスゾーン」、「アートメイク&まつげゾーン」、「OEM&パッケージゾーン」と名付けられた10種類の区分があり、14の国と地域から集まった515社(国内:432社、海外:83社)のブースが設営されていた。

 出展企業のうち、もっとも広いスペースで展開していたのは、雑誌『姉ageha』(発行:インフォレスト)のブース「お姉さん百貨店」。同雑誌や姉妹誌『小悪魔ageha』などで過去に紹介された、さまざまな美容関連アイテムが販売されており、商品によってはその場で試すこともできた。

 また、“姉agehaモデル”の荒木さやかや早川沙世、けいこらがブース内に設けられたステージに登場。トークショーなどが行われ、女性客の注目を集めていた。

 このほか、会場内につくられた「メインステージ」では、ヘアサロン業界で活躍する新井唯夫氏や、ビューティーコンサルタントの宇治原一成氏のほか、エステティックスクールサロン経営者、日本健康美容鍼灸協会会長など、ビューティー関連の専門家たちによる無料セミナーも開催。

 最終日である15日は、Esthetic MORIMASA(プロ対象エステティックスクール)の学院長・森柾秀美氏が、「夏に向けて“脱げるカラダ”に! 一度で激変」をテーマにした、「ダイナマイト ボディ メイキング」と題されたセミナーが行われ、用意された座席は多くの来場者で埋め尽くされていた。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事