左右交互の熱風で焼きムラを少なくするオーブンレンジを発売…東芝

石窯ドーム ER-LD530
2013年7月24日(水) 14時30分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
石窯ドーム ER-LD530
石窯ドーム ER-LD530
加熱のしくみ
加熱のしくみ
ER-LD430
ER-LD430
350度の高温で焼き上げるオーブン機能
350度の高温で焼き上げるオーブン機能
左右交互の風向で均一な焼き上がりを目指す新熱風
左右交互の風向で均一な焼き上がりを目指す新熱風
手入れが簡単な「とれちゃうコート」「親水性クリーンコート」
手入れが簡単な「とれちゃうコート」「親水性クリーンコート」
ABCクッキングスタジオの開発を含む全386メニュー
ABCクッキングスタジオの開発を含む全386メニュー
背面・左右を壁面にピッタリ付けて設置可能
背面・左右を壁面にピッタリ付けて設置可能
「油を使わない揚げ物(ノンオイルフライ)調理」も可能
「油を使わない揚げ物(ノンオイルフライ)調理」も可能
幅広いレンジ機能
幅広いレンジ機能

 東芝ホームアプライアンスは、過熱水蒸気オーブンレンジの新製品として、業務用オーブンのように正逆反転ファンで風向を変え、焼きムラを少なくした『石窯ドーム ER-LD530』を8月下旬に発売する。

 同商品は、正逆反転ファンで風向を左右交互に変える熱風(焼き色上手なくるりん熱風)により、焼きムラの原因となっていた熱風の片寄りを抑える。熱風を庫内に素早く循環させる湾曲天井の「石窯ドーム構造」と、庫内のセラミックコーティングによる遠赤(庫内まるごと遠赤)の効果、業界最高350度の高温と、200度まで約5分の早い予熱でオーブン調理できる。

 また、「石窯ドーム構造」と「庫内まるごと遠赤」搭載で、オーブン温度最高350度の『石窯ドーム ER-LD430』も8月下旬に発売する。

《浦和 武蔵》

関連記事