広告

都市生活者に「ちょうどいい」小径自転車が登場

530 cityhopper
2013年7月26日(金) 18時00分
530 cityhopper
530 cityhopper
細いアルミニウム製のパイプを組み合わせることで強度を確保しながら軽量に仕上げたフレーム。
細いアルミニウム製のパイプを組み合わせることで強度を確保しながら軽量に仕上げたフレーム。
細いアルミニウム製のパイプを組み合わせることで強度を確保しながら軽量に仕上げたフレーム。 ホイールベースを延長することで直進安定性を向上。
細いアルミニウム製のパイプを組み合わせることで強度を確保しながら軽量に仕上げたフレーム。 ホイールベースを延長することで直進安定性を向上。
細いアルミニウム製のパイプを組み合わせることで強度を確保しながら軽量に仕上げたフレーム。 ホイールベースを延長することで直進安定性を向上。 52枚歯の大径チェーンホイールを採用し走行性能を向上。
細いアルミニウム製のパイプを組み合わせることで強度を確保しながら軽量に仕上げたフレーム。 ホイールベースを延長することで直進安定性を向上。 52枚歯の大径チェーンホイールを採用し走行性能を向上。
ハンドルやステムにはアルミを採用し軽量化を実現。
ハンドルやステムにはアルミを採用し軽量化を実現。
駐輪問題を解消する、折りたたみ可能なハンドルバー。
駐輪問題を解消する、折りたたみ可能なハンドルバー。
自転車の収納スペースを半分にできる「フォールディングハンドルバー」(関連商品)。
自転車の収納スペースを半分にできる「フォールディングハンドルバー」(関連商品)。

 ビーズは、同社の自転車ブランドDOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)より、都市生活者をターゲットとした「ちょうどいい」ミニベロ(小径自転車)を発売する。

 都市部では、駐輪場や盗難の問題から自転車を室内やマンションの軒先に保管する場合が多くあるが、サイズが小さい小径車であれば保管の問題を軽減、解消することが可能である。また、走行性能においては、小さいタイヤはこぎ出しが軽く、交差点や信号で頻繁に停止・走行を繰り返す都市部に最適だが、タイヤが小さい分、大径車と比べ直進安定性が劣りスピードにのることが難しいとされている。

 同商品は、細いアルミニウム製のパイプを組み合わせることで強度を確保しながら軽量に仕上げたフレームやハンドルステム、シートポスト、クランクなどの各部分にアルミニウムを採用することで軽量化を実現。また、ホイールベースを延長することで、ミニベロの欠点と言われている直進安定性の悪さを克服している。さらに、52枚歯の大径チェーンホイールを採用することで走行性能を向上させている。なお、ホイールベースとは、 前輪タイヤの接地面と後輪タイヤの接地面間の距離(前輪軸芯と後輪軸芯の距離)である。

《浦和 武蔵》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告