“人が通訳する”旅アプリ『SmartTrip』の提供がスタート

SmartTrip
2013年8月7日(水) 19時00分
SmartTrip
SmartTrip
音声翻訳機能
音声翻訳機能
電話通訳機能
電話通訳機能

 昭文社は、多言語コールセンターによる通訳・コンシェルジュサービスを行うアシストオールと、海外旅行者向けの通訳アプリ『SmartTrip』を共同開発し、8月1日からアシストオールより提供を開始している。

 同アプリは、日本語で話した音声を多言語に自動翻訳する「音声翻訳」機能だけでなく、ワンプッシュで専門オペレーターにつながる「電話通訳」機能を備えた『人が通訳する』アプリ。レストランでの注文時やホテルのチェックイン時など、旅先での意思疎通で困ったときに、これらの機能を使うことで、よりスムーズなコミュニケーションが可能となる。

 アプリは両社にて共同開発、昭文社グループにてアプリの制作・開発を行い、アプリの提供及びオペレーター(コールセンター)の運営はアシストオールで行う。

 第一弾として、日本人が海外旅行先で用いるコミュニケーションアプリを提供するが、今後はさらに観光情報など両社の強みを生かしたコンテンツの拡張、メニューの充実を図っていくとともに、訪日外国人向けのアプリとしての展開も検討しているという。

 なお、対応OSはiOS 5.1以降、Android 2.3以上となっている。

《浦和 武蔵》

関連記事