広告

ネイルをしたくても、環境の都合上できない女子が7割!

あなたはネイルをしたことがありますか?
2013年9月3日(火) 17時00分
あなたはネイルをしたことがありますか?
あなたはネイルをしたことがありますか?
あなたにとってのネイルとは何ですか?
あなたにとってのネイルとは何ですか?
あなたにとって不満に思う(思った)ことはどれですか?
あなたにとって不満に思う(思った)ことはどれですか?
現在ネイルをしていない理由は何ですか?
現在ネイルをしていない理由は何ですか?
「ネイルをしてない理由」が解消されたらネイルをしたいと思いますか?
「ネイルをしてない理由」が解消されたらネイルをしたいと思いますか?
休日などの時に、一日限定でネイルを楽しめる場合はネイルをやってみたいと思いますか?
休日などの時に、一日限定でネイルを楽しめる場合はネイルをやってみたいと思いますか?

 パブリックマーケットは、553名の女性に対してインターネット調査「2013 ネイル意識調査」を実施し、その結果を公開した。

 調査結果からは、ネイルをしたいができない環境にいる人が7割以上いることがわかり、できない理由は学校の校則や仕事の規律、仕事柄などだった。

 10代から40代の女性を対象に現在のネイル利用状況を聞くと、「現在ネイルをしている」が31.1%、「過去にしていたことがある」が39.8%、「したことがない」が29.1%と、ネイル経験者は約7割に達していることがわかった。

 また、ネイル経験者を対象に「あなたにとってのネイルとは何ですか?」という問いに対して、「ファッション」が76.5%でもっとも多く、次いで「女子力アップ」が39.5%、「自分へのご褒美」が22.2%と続いた。しかし「男ウケ」は3.8%と非常に低かった。

 ネイル経験者を対象に「ネイルに対する不満」を聞いたところ、「時間が掛かる」が56.4%でもっとも多く、次いで「値段が高い」が52.3%という結果に。一方、現在ネイルをしていない人を対象に「ネイルをしていない理由」を聞いたところ、「費用が掛かる」が33.9%、「時間が掛かる」が27.8%だった。ネイルをしたい気持ちはあるができない理由として、「職場(学校)で禁止されている」が20.7%、「家事・育児で出来ない」が29.1%だった。

 現在ネイルをしておらず、明確な不満のある人を対象に「ネイルをしていない理由が解消されたらネイルをしたいか」を聞くと、「はい」と答えた人が76.6%でネイルをしたい気持ちが高いことがわかった。また、現在ネイルをしていない人を対象に「休日限定ネイルをしたいか?」と聞いたところ65.1%の人が「はい」と回答している。

《浦和 武蔵》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告