広告

【Diet&Beauty 2013 vol.4】ストレッチマシンで美姿勢の実現や肩こりの改善をサポート

「スポーツビューティ―ゾーン」にブースを出展していたゼロイニシャライズのブース
2013年9月9日(月) 16時15分
「スポーツビューティ―ゾーン」にブースを出展していたゼロイニシャライズのブース
「スポーツビューティ―ゾーン」にブースを出展していたゼロイニシャライズのブース
ストレッチマシン『ショルダー・エレベイション』
ストレッチマシン『ショルダー・エレベイション』
ストレッチマシン『チェスト・エクステンション』
ストレッチマシン『チェスト・エクステンション』
ストレッチマシン『ヒップ・フレックス』
ストレッチマシン『ヒップ・フレックス』
ストレッチスティックを使ったデモンストレーションの様子
ストレッチスティックを使ったデモンストレーションの様子
エクササイズ器具『ストレッチスティック』
エクササイズ器具『ストレッチスティック』

 東京ビッグサイトでは、本日9月9日から11日までの3日間、美と健康の展示会『ダイエット&ビューティーフェア2013』が開催されている。

 今回、同イベントで新設された「スポーツビューティ―ゾーン」にブースを構える株式会社ゼロイニシャライズは、フィットネス機器『ZERO-iシリーズ』製品を出品。

 同シリーズ製品の特徴は、重りではなく、バネ式を取り入れた“動的ストレッチマシン”であること。強い力を必要とせず、リラックスした状態で、上半身・下半身・全身のエクササイズを行える。

 ブース内に展示されていたのは、省スペースで気軽に設置・使用可能なZERO-iシリーズの新型ミニマシン。ラインナップは『ショルダー・エレベイション』、『チェスト・エクステンション』、『アダクター・エクステンション』、『ヒップ・フレックス』の4機種で、すべてを無料で体験することができた。

 試しに、『ショルダー・エレベイション』を使用してみることに。マシンの座椅子に腰を下ろし、両サイドにあるバーを手で握ろうとすると、『握るのではなく、バーに手を添えるように、力を抜いて、軽く手を置いてください』と専門スタッフが丁寧にアドバイスをしてくれた。

 その指示に従い、両手をバーにセットしたあと、軽い力をかけて下方向に腕を伸ばすと、肩甲骨が気持ちよく広がる感覚が得られた。バネ式ならではなのか、程よい反発があり、硬くなった肩の筋肉が自然な力で刺激されているのがわかった。また、定期的に続ければ、肩こりの改善につながるのではないかと感じた。

 このほか、ブース内では『ストレッチスティック』も展示。同商品は、砂のようなものを入れたスティック状のエクササイズ器具であり、両手で持ち上げたり、肩に担いだ状態で、左右にスティックを傾けると、砂の重みで筋肉に軽い負荷がかかる。ブースでは、同商品を使ったデモンストレーションが行われていた。

《ダイエットクラブ編集部》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告