ひとり暮らしの若者は、仕事と家事を上手く両立できているのか?

仕事と家事を両立できていますか?
2013年12月5日(木) 13時00分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
仕事と家事を両立できていますか?
仕事と家事を両立できていますか?
家事を行う頻度
家事を行う頻度
普段、家事を行うことの多い時間帯
普段、家事を行うことの多い時間帯

 オウチーノ総研は、現在ひとり暮らしをしている20歳から39歳の社会人448人に、「家事に関するアンケート調査」を行った。

 まず、現在ひとり暮らしをしている社会人に、「あなたは仕事と家事を両立できていますか?」と聞いたところ、22.1%が「問題なく両立できている」、43.8%が「まぁまぁ両立できている」、25.9%が「あまり両立できていない」、8.2%が「全く両立できていない」と回答。ひとり暮らしの社会人の約3人に1人は、仕事と家事を両立できていないことがわかった。

 年代・男女別に見ると、「問題なく両立できている」と回答したのは20代男性が19.8%、30代男性が26.3%、20代女性が22.3%、30代女性が19.8%だった。

 次に、いつも家事をどれくらいの頻度で行っているのか、家事を「洗濯」、「料理」、「部屋の掃除」、「トイレの掃除」、「お風呂の掃除」、「キッチンの掃除」、「布団干し」、「ベッドカバーの取り替え」の8種類に分け、それぞれの頻度を調査した。

 「洗濯」は、「週1回から2回」行っている人がもっとも多く、51.6%を占めた。また、全体の96.5%は、洗濯を週1回以上行っていると回答。「料理」は 25.0%が「毎日」行っていると答え、全体の82.2%が週1回以上行っていると回答。「全くやらない」と回答したのは7.4%だった。

 「部屋の掃除」も、「週1回から2回」行っている人が最多で、44.6%を占めている。 「トイレの掃除」、「お風呂の掃除」、「キッチンの掃除」においても、「週1回から2 回」行っている人がもっとも大きい割合を占めた。しかし、「洗濯」、「料理」、「部屋の掃除」とは異なり、2週間に1回以内の人が約半数だった。「布団干し」、「ベッドカバーの取り替え」はどちらも、「月に1回」行っている人がもっとも多かったが、「まったくやらない」と回答した人も1割以上いた。

 次に、いつも家事をどの時間帯に行うことが多いか聞いた。回答者には、「平日:出勤前」、「平日:帰宅後~23 時」、「平日:23 時~」、「休日:~12 時」、「休日:12時~18時」、「休日:18時~23時」「休日:23時~」の中から、当てはまる時間帯を全て選択してもらった。なお、ここでは、「平日」を曜日にかかわらず「回答者が仕事に行く日」、「休日」を「回答者の仕事が休みの日」としている。

 まず、全体の23.7%は「平日:出勤前」、「平日:帰宅後~23時」、「平日:23時~」を1つも選択しなかった。つまり、いつも平日は家事をせず、休日にまとめて行っているようである。

 家事の内容別に見ていくと、「料理」は平日、帰宅してから23時までの間に行う人が54.7%を占めていた。日によって外食をすることもあるだろうが、ひとり暮らしの社会人の半数以上は、平日に家で夕食を作って食べることが習慣になっているようだ。休日も、12時から18時、18時から23時の間に、4割以上の人が「料理」を行っていることがわかった。

 最後に、仕事と家事を「問題なく両立できている」、「まぁまぁ両立できている」と回答した人に、両立するコツを聞いたところ、もっとも多かったのは「無理をしない」の16.6%だった。次に「毎日少しずつ行う」が5.4%、「計画をたてて行う」が4.7%、「空き時間を有効に使う」と「家事の時間を短縮させる(時短)」が3.7%となった。

《浦和 武蔵》

関連記事