日本の“祭り”と“味”を東京ドームで堪能!…『ふるさと祭り東京2014』1月19日まで開催

『ふるさと祭り東京2014』の様子
2014年1月16日(木) 19時15分
『ふるさと祭り東京2014』の様子
『ふるさと祭り東京2014』の様子
お祭り広場で行われていた演舞のワンシーン
お祭り広場で行われていた演舞のワンシーン
会場内に展示されていた山車
会場内に展示されていた山車
会場内に展示されていた山車
会場内に展示されていた山車
特別企画「ご当地スイーツストリート」の様子
特別企画「ご当地スイーツストリート」の様子
「ご当地スイーツストリート」出展ブース(北海道:小樽洋菓子舗 ルタオ)
「ご当地スイーツストリート」出展ブース(北海道:小樽洋菓子舗 ルタオ)
「ご当地スイーツストリート」出展ブース(福岡県:サムライジェラート)、(熊本県:熊本わらびもち きなこーや)
「ご当地スイーツストリート」出展ブース(福岡県:サムライジェラート)、(熊本県:熊本わらびもち きなこーや)
「ご当地スイーツストリート」出展ブース(大分県:由布院 花麹菊家)
「ご当地スイーツストリート」出展ブース(大分県:由布院 花麹菊家)
「ご当地スイーツストリート」出展ブース(東京都:レックス・ベリー)
「ご当地スイーツストリート」出展ブース(東京都:レックス・ベリー)
特別企画「全国ご当地どんぶり選手権」のどんぶりチケットカウンター
特別企画「全国ご当地どんぶり選手権」のどんぶりチケットカウンター
「全国ご当地どんぶり選手権」の出展ブースの通路に集まる参加者たち
「全国ご当地どんぶり選手権」の出展ブースの通路に集まる参加者たち
「全国ご当地どんぶり選手権」出展ブース(北海道:十勝 牛とろ丼)
「全国ご当地どんぶり選手権」出展ブース(北海道:十勝 牛とろ丼)
「全国ご当地どんぶり選手権」出展ブース(山形県:米沢牛丼)
「全国ご当地どんぶり選手権」出展ブース(山形県:米沢牛丼)
各地の地酒を扱っていた出展ブース
各地の地酒を扱っていた出展ブース
オリーブ肉や牛フィレ肉のステーキを販売していたブース
オリーブ肉や牛フィレ肉のステーキを販売していたブース
北海道・小樽の魚介類を使った海鮮弁当もあった
北海道・小樽の魚介類を使った海鮮弁当もあった
わらび餅や苺大福、かりんとうを販売していたところ
わらび餅や苺大福、かりんとうを販売していたところ
びわ茶を販売していた出展店舗
びわ茶を販売していた出展店舗

 東京ドームでは、1月10日から19日までの10日間、『ふるさと祭り東京2014 - 日本のまつり・故郷の味‐』が開催されている。

 同イベントは、日本の伝統的な“祭り”と“味”が一堂に集う祭典。6回目となる今回は、日本三大美祭のひとつであり、300年の歴史を誇る「秩父夜祭」(埼玉県秩父市)が初登場し、絢爛豪華な笠ぼこ(大きな傘の上に、ホコやナギナタ、造花などを飾り付けたもの)を、東京ドーム会場内で見ることができる。

 さらに、「八戸三社大祭」(青森県八戸市)の巨大な山車の運行や、「沖縄全島エイサー祭り」の演舞の観覧も可能。

 また、各地の300を超えるおつまみや、100種類以上の地酒・ビールを味わえる「スペシャルフライデーナイト」(1月10日(金)と17日(金)の2回のみ/この2日間は21時まで営業)も実施される。

 このほか、「全国ご当地どんぶり選手権」、「絶品! 逸品! ちょいのせ市場」、「ザ・北海食道」、「ご当地スイーツストリート」といった、特別企画も用意。

 特別企画のひとつである「ご当地スイーツストリート」は、“人生最高の日に食べたい究極のスイーツ”をテーマに、日本各地の名店が“究極の新スイーツ”を、会場内限定で先行発売。ソフトクリームやケーキ、プリン、クレープ、おやき、わらび餅、大福、クリームパンといった、さまざまな“ご当地スイーツ”を楽しめる場となっている。

 なお、イベントの当日券は1,500円(前売券は1,300円)で、特別観覧席付き前売入場券は2,000円(昨年の10月4日より発売)。さらに「割引チケット」として、1,200円(前売券は1,000円)の平日限定券と、1,000円のイブニング券(16時以降の入場者向け)が提供されている。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事