「樹状細胞」ってどんなもの? 健康な身体を維持する“免疫力”の重要性を解説

書籍『免疫力をあなどるな!~健康な身体は「ボス細胞」でつくられる』(価格1,400円・税抜き)
2014年9月18日(木) 16時08分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
書籍『免疫力をあなどるな!~健康な身体は「ボス細胞」でつくられる』(価格1,400円・税抜き)
書籍『免疫力をあなどるな!~健康な身体は「ボス細胞」でつくられる』(価格1,400円・税抜き)
矢崎雄一郎氏
矢崎雄一郎氏

 テラ株式会社は、書籍『免疫力をあなどるな!~健康な身体は「ボス細胞」でつくられる』(価格1,400円・税抜き)を、9月12日にサンマーク出版から発売した。

 同書は、健康な身体を維持するため、病気から身を守るために必要な「免疫力」の重要性を述べたもの。

 著者は、医師であり、「樹状細胞」を使ったがんワクチンの研究開発企業の社長でもある矢崎雄一郎氏。矢崎氏は、免疫細胞を総動員させることができる司令塔として「樹状細胞」に注目しており、書籍の中で“ボス細胞”という呼び名を付けて、その役割や活かし方を解説している。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事