休日の減少、景況感の悪化等を受け、売上は前年割れ…10月の外食市場の動向

日本フードサービス協会
2012年11月28日(水) 17時36分
日本フードサービス協会
日本フードサービス協会

 日本フードサービス協会は、2012年10月の外食産業市場動向調査を発表した。休日の減少、景況感の悪化等を受け、売り上げは前年を下回った。

 10月は、土・日が前年より2日少なかったことに加え、景況感の悪化等から、売上高は対前年比97.9パーセントだった。全体の客数は前年と変わらなかったが、客単価は98.0パーセントに下がっている。ファミリー層が顧客の中心であるファーストフード洋風、ファミリーレストラン洋風などの業態では、休日数減少の影響は大きく、売り上げが前年を下回っている。

 ファーストフードは前年比で2.3ポイントマイナス。洋風は景況感悪化の影響からか客単価が低下、和風は客数が伸びなかった。

 ファミリーレストランは前年比で1.4ポイントマイナス。洋風は休日減少の影響が大きかったが、和風と中華は休日減少の影響が少なく客数と売上高は前年を上回った。

 パブ・居酒屋業態は前年比で4.8ポイントマイナス。パブ・ビヤホールは、ハロウィン等に合わせたイベントもあり、売上高は前年比101.0パーセント。居酒屋は客数、客単価ともに低下、売上高は94.3パーセントにとどまっている。

 ディナーレストランは郊外立地の店では休日数の減少で客数が前年を下回ったところもあり、前年比で1.9ポイント下回った。

 喫茶業態は休日数の減少の影響は他業態と比べて少なく、売上高は前年比101.3パーセントとなった。

《浦和 武蔵》

関連記事