温州みかんと乳製品の同時摂取で吸収性をアップ…健康と美肌をゲットできる理想の組み合わせ

研究データ その1
2012年5月22日(火) 18時00分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
研究データ その1
研究データ その1
研究データ その2
研究データ その2
研究データ その3
研究データ その3
研究データ その4
研究データ その4
研究データ その5
研究データ その5

 ユニチカ中央研究所は、温州みかんの搾りかすから抽出したβ-クリプトキサンチンと乳製品を同時に摂取する飲用試験を健常者を対象に行ったところ、β-クリプトキサンチン吸収量が牛乳の場合で約1.9倍、ヨーグルト飲料の場合で約1.6倍増加する結果が得られた。

 同研究所はこの報告を5月18日(金)から東北大学で開催されている「第66回日本栄養・食糧学会」で発表する予定だ。

 β-クリプトキサンチンは、温州みかん・柿などに多く含まれる橙色の色素で、ニンジンに多く含まれるβ-カロテンや、トマトのリコペンと同じカロテノイドの1種。カロテノイドの抗酸化作用は広く知られ、野菜や果物から1日10mgは摂ることが望ましいとされている。

 β-クリプトキサンチンは、日本固有種の温州みかんに多く含まれることから、日本人は欧米人に比べて血中の含有量が多いことが知られている。しかし、その含有量はにんじんのβ-カロテンよりずっと少なく、効率よく体内に吸収させる必要があった。

 今回、乳化タイプのβ-クリプトキサンチンが、他の食材の中でも、牛乳やヨーグルトなどの乳製品と同時に摂取すると、吸収率が大きくアップすることがわかり、今後はさまざまな商品に応用される可能性がある。

 ダイエットや美容関連の食品が新登場したら、ぜひチェックしよう。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事