「おそうじロボット」の購入者に聞く! 人気商品とは?

購入ブランドは75%が「ルンバ」
2013年7月24日(水) 18時30分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
購入ブランドは75%が「ルンバ」
購入ブランドは75%が「ルンバ」
購入時期は直近2年がもっとも多い
購入時期は直近2年がもっとも多い
購入理由は「便利そうだった」64%。購入後の満足度は「ルンバ」「スマーボ」が高い。
購入理由は「便利そうだった」64%。購入後の満足度は「ルンバ」「スマーボ」が高い。
2016年の販売台数予測は70万台、2010年比2.7倍
2016年の販売台数予測は70万台、2010年比2.7倍

 シード・プランニングは、「おそうじロボット」購入者の調査を行い、その結果を発表した。

 同調査では「おそうじロボット」のメーカーや関連企業へのヒアリングと、実際に「おそうじロボット」を購入したユーザー500人へアンケート調査が行われた。

 「おそうじロボット」を購入したユーザー500人が購入したブランドは、74.6%がアイロボット社の「ルンバ」だった。「おそうじロボット」の購入時期は直近2年が多く、その理由は量販店に「おそうじロボット」のデモコーナーが設置されるようになり、知名度が上った結果だと考えられる。

  購入理由は「便利そうだった」が64%で、以下「掃除が楽になると思った」(54%)、「面白そうだから」(36.6%)、「ロボットに興味があったから」(28.8%)、「手ごろな価格なので」(15.2%)と続く。

 また、「購入価格」、「性能」、「操作性」、「吸引力」、「総合評価」の5項目について、満足度を「非常に満足」、「満足」、「やや不満」、「不満」の4段階で聞いたところ、価格面では、価格の高いルンバ、スマーボ(東芝ホームアプライアンス)は満足度が低く、性能・操作性・吸引力面では、ルンバ、スマーボはほぼ満足しているが、ロボクリーナー、その他は不満も多いことがわかった。総合評価では、ルンバ、スマーボは70~80%の人に満足され、使用した満足度は高く、ロボクリーナー、その他は満足が40%前後、不満も40~50%存在するという結果になった。

《浦和 武蔵》

関連記事