夏のダイエットは「ビタミンB1」不足にご用心…microdiet.net

そうめん
2013年7月30日(火) 18時00分
そうめん
そうめん
豚肉
豚肉

 暑い夏は、体が火照ったり、喉が渇きやすくなるため、冷たい食べ物や飲み物を、普段以上に求めてしまいがち。だが、そういったものばかりを口にしていると、次第に栄養バランスが崩れて代謝能力が落ち、やせにくい状態になってしまうという。

 そこでサニーヘルスは、同社が運営するダイエット情報発信サイトmicrodiet.netにて、調査レポート「夏のダイエットで注意するべきポイント」を公開。以下では、同レポートの抜粋として「夏だからこそ意識して摂りたい栄養素」に関する情報を紹介する。

 夏に食べたり、飲んだりする“定番もの”といえば、そうめんや冷えたビール、アイスクリームといった、成分の大半が糖質であるものが多い。糖質は、体に入るとエネルギーに変換されるが、余剰分は脂肪として体に蓄積されてしまう。摂り過ぎた糖質を脂肪にしないようにするには、糖質の代謝を促す「ビタミンB1」が重要になる。

 ビタミンB1は、体内に入ってきた糖質をエネルギーに変えて代謝する働きがある。不足すると、糖質の代謝が低下して乳酸などの疲労物質が作られ、脂肪になるだけでなく疲れやすくなる。このため、ビタミンB1不足が、肥満と夏バテの原因になり得る。

 ビタミンB1をたっぷり含んでいる食材は、何といっても豚肉。他の部位と比べ、特にヒレやモモはビタミンB1が豊富である。どちらも脂の少ない部位なので、ダイエッターでも安心だ。また、鰻にもビタミンB1が豊富に含まれており、ビタミンとミネラルが多い食べ物のため、土用の丑の日でなくても鰻を食べてほしい、と同レポートでお薦めしている。

《浦和 武蔵》

関連記事