【Diet&Beauty 2013 vol.5】イソフラボンが豊富な北海道十勝産の大豆商品に注目!

豆乳商品『豆乳なのに、ほぼ豆腐』
2013年9月9日(月) 17時15分
豆乳商品『豆乳なのに、ほぼ豆腐』
豆乳商品『豆乳なのに、ほぼ豆腐』
甘納豆商品『大豆の甘納豆』
甘納豆商品『大豆の甘納豆』
大豆商品『甘栗みたいな大豆』
大豆商品『甘栗みたいな大豆』
マヨネーズ風ドレッシング『豆乳マヨ ペロリ』
マヨネーズ風ドレッシング『豆乳マヨ ペロリ』
きな粉商品『きな粉』
きな粉商品『きな粉』
ふりかけ商品『納豆ふりかけ』
ふりかけ商品『納豆ふりかけ』
味噌商品『麦味噌物語』
味噌商品『麦味噌物語』
ブース内展示パネル
ブース内展示パネル

 本日9月9日より、美と健康の展示会『ダイエット&ビューティーフェア2013』が、東京ビッグサイトでスタートした。

 約400社がさまざまな商品をアピールする中、株式会社ビオクラ食養本社は、北海道十勝産の「音更大袖振大豆」を原料にした大豆商品を紹介していた。

 同社によると、音更大袖振大豆は、他の大豆と比べて、大豆イソフラボン含量が約1.5倍で、高級和菓子などにも使用されるほど甘みが強い大豆だという。

 ブース内には、音更大袖振大豆を使った豆乳商品『豆乳なのに、ほぼ豆腐』や甘納豆商品『大豆の甘納豆』、大豆商品『甘栗みたいな大豆』のほか、マヨネーズ風ドレッシング『豆乳マヨ ペロリ』などを出品。

 このうち、豆乳商品『豆乳なのに、ほぼ豆腐』をその場で試飲してみると、ほんのり甘く、それでいて濃厚な味を楽しめた。商品名の通り、豆乳というよりは豆腐そのものの味で、豆腐好きにはうってつけのドリンクだろう。

 さらに、大豆商品『甘栗みたいな大豆』も試食。硬すぎず柔らかすぎず、程よいかみごたえで、味もさっぱりしていた。専門スタッフによると、『この大豆は、淡路島の藻塩で時間をかけて茹でているんですよ。素材そのものの甘みが特徴で、お酒のおつまみなどにオススメです』とのこと。

 このほか、ブース内では、北海道十勝産の大豆「ゆきぴりか」を使用した味噌商品も展示されていた。ゆきぴりかも、音更大袖振大豆と同じく、他の大豆よりもイソフラボン含量が約1.5倍で、たんぱく質が豊富な点も魅力。優しい塩加減と甘みが感じられる麦味噌に仕上げられているという。

 なお、今回のイベントで出品されていた各商品は、JPローソンや徳洲会病院ローソンのほか、いくつかのコンビニエンスストアなどで販売されていたり、新宿伊勢丹ビューティアポセカリーや、Webショップ(高島屋オンラインショップ、大丸松坂屋オンラインショップ)で購入することができる。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事