よく飲む飲料の種類、1位「日本茶」、2位「コーヒー、コーヒー飲料」

コンビニや自販機などで購入する飲料
2013年10月9日(水) 09時15分
コンビニや自販機などで購入する飲料
コンビニや自販機などで購入する飲料
月1回から2回以上の購入率(男女別グラフ)
月1回から2回以上の購入率(男女別グラフ)
飲料の購入場所(複数回答:月1回から2回以上購入)
飲料の購入場所(複数回答:月1回から2回以上購入)
飲料の購入理由(複数回答:月1回から2回以上購入)
飲料の購入理由(複数回答:月1回から2回以上購入)
「こだわりがある」 vs 「こだわりはない」
「こだわりがある」 vs 「こだわりはない」

 日本リサーチセンターは、15歳から79歳の男女1,200人を対象に、毎月定期的に行っている個別訪問留置調査(NOS)として、「飲料」に関する調査を実施し、その結果を発表した。

 まず始めに、コンビニや自販機などで飲料を購入する頻度とその種類を聞いたところ、『月1回から2回以上』購入する飲料は「日本茶」が56%でもっとも多く、次いで「コーヒー、コーヒー飲料」が52%、「炭酸飲料」が47%という結果になった。また、「ほぼ毎日」飲料している人の飲料の種類は、「コーヒー、コーヒー飲料」が15%、「日本茶」が10%、「牛乳、豆乳」が8%という結果に。

 続いて、購入理由を尋ねてみると、「ミネラルウォーター」、「日本茶」、「中国茶」、「スポーツドリンク、機能性飲料」を飲んでいる人は『水分補給』を購入理由にあげた。

 一方、「コーヒー、コーヒー飲料」、「紅茶、紅茶飲料」、「炭酸飲料」、「スープ」を飲用している人たちの購入理由は『好きだから』がトップ。また、「牛乳、豆乳」、「乳酸菌飲料」、「野菜ジュース」、「果汁入り飲料」、「栄養ドリンク」を飲んでいる人たちは、『健康・体によい』という理由で購入していることがわかった。

 このほか、飲料を購入するうえでの“こだわり”を尋ねると、「こだわりを持って選んでいる」と答えた人は69%で、「こだわりがない」と回答した人は30%だった。年代別にみると、「こだわりがある」と答えた層は40代が75%ととなり、他の年代よりも多かった。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事