“目の疲れ”を感じても対処しない? その理由とは

あなたの“目の疲れ”は、どのような状況ですか
2013年10月24日(木) 15時15分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
あなたの“目の疲れ”は、どのような状況ですか
あなたの“目の疲れ”は、どのような状況ですか
“目の疲れ”に対する対処は行っていますか
“目の疲れ”に対する対処は行っていますか
“目の疲れ”の対処を行わない理由』
“目の疲れ”の対処を行わない理由』
仕事中、“目の疲れ”によって感じたことがある症状
仕事中、“目の疲れ”によって感じたことがある症状

 花王とパナソニックが協賛し、共同で運営している「血めぐり研究会」は、長時間IT機器などを使用し、日頃から目の疲れを感じている、20代から50代の男女400名を対象に、「目の疲れ」に関する調査を実施し、その結果を発表した。

 同調査で、『あなたの“目の疲れ”は、どのような状況ですか』と尋ねたところ、「常に感じる」(43.0%)、「たまに感じる」(53.5%)と回答した人の合計が96.5%になり、ほとんどの人が目の疲れを感じていることがわかった。

 続いて、『仕事中、“目の疲れ”によって感じたことがある症状』を聞いた結果、以下のようなランキングになった。

 ■“目の疲れ”によって感じたことがある症状
 第1位:集中力の低下
 第2位:気力の低下
 第3位:頭痛/偏頭痛
 第4位:眠気が起こる
 第5位:ストレス

 このほか、『“目の疲れ”に対する対処は行っていますか』という質問では、53.0%の人が「行っている」と回答したものの、47.0%の人は「行っていない」と答えた。そこで、『“目の疲れ”の対処を行わない理由』を聞いたところ、もっとも多かったのは「対処方法がわからないから」(69.3%)という理由だった。その他として、「面倒だから」(27.0%)、「時間が取れないから」(14.3%)、「対処する必要を感じないから」(9.5%)という理由もあった。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事