ローソン、淡路島産の食材を使った2種類の「おにぎり」を発売…近畿地方限定

ちりめんとつけものおにぎり(高菜・沢庵)
2014年2月12日(水) 12時00分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
ちりめんとつけものおにぎり(高菜・沢庵)
ちりめんとつけものおにぎり(高菜・沢庵)
豚しょうが焼きおにぎり
豚しょうが焼きおにぎり

 ローソンは2月11日から、近畿地区のローソン店舗で、『ちりめんとつけものおにぎり(高菜・沢庵)』と『豚しょうが焼きおにぎり』を4週間限定で発売している。

 『ちりめんとつけものおにぎり(高菜・沢庵)』(125円)は、兵庫県立淡路高等学校の生徒が考案。「淡路島産のちりめん」と高菜・沢庵をご飯に混ぜ込んだおにぎりで、ちりめんの風味と高菜、沢庵の食感が良く合う。

 兵庫県立津名高等学校の生徒が考案した『豚しょうが焼きおにぎり』(125円)は、「淡路島産の玉ねぎ」を一緒にいためた豚のしょうが焼きをおにぎりの具にしており、「淡路島産玉ねぎ」の甘さと柔らかさが引き立つ。

 なお、『ちりめんとつけものおにぎり(高菜・沢庵)』と『豚しょうが焼きおにぎり』は、淡路島産の食材を使ったおにぎりのアイディアを競うコンテスト「淡路市具-1グランプリ」でローソン賞を受賞したことで、今回商品化された。

《浦和 武蔵》

関連記事