梅雨の時期、約7割がヘアスタイル崩れに悩む…ドクターシーラボ調べ

梅雨の時期のお悩みに関するアンケート調査
2015年6月16日(火) 19時00分
梅雨の時期のお悩みに関するアンケート調査
梅雨の時期のお悩みに関するアンケート調査
女性の崩れたヘアスタイル = 男性4人に1人は“正直、残念…”
女性の崩れたヘアスタイル = 男性4人に1人は“正直、残念…”

 ドクターシーラボは「梅雨の時期のお悩み」に関するアンケート調査を実施し、結果を公開した。

 女性240人に対して、梅雨の時期に、気になる部分はどこか聞いたところ、最も多かったのは「髪の毛(65.4%)」だった。具体的にどのような所が気になるのか聞いたところ、「変にうねる(64.3%)」「髪が広がる(60.5%)」と、髪に悩む人の6割は、うねり・広がりに悩んでいることがわかった。その対策として、どのようなことをしているのか聞いたところ、 「しっかりとブローする(34.6%)」という回答が最も多かったほか、「洗い流さないトリートメントなどで保湿ケア(29.2%)」「ヘアアレンジをしてごまかす(23.8%)」という回答も見られた。

 髪のうねりや広がりの原因は、キューティクルの損傷と言われており、アウトバスでのヘアケアも重要になるが、「洗い流さないトリートメント」の使用率を聞いたところ、約半数が「使用していない(45.9%)」と回答した。

 男性240人に、「湿気でヘアスタイルが崩れている女性を見たら、どう思いますか?」と聞いたところ、「まぁ仕方ないと思う(54.8%)」という心優しい回答が最も多かったが、約4人に1人は「正直、残念と思う(23.0%)」と、崩れたヘアスタイルによってがっかりしているという事実が明らかになった。「正直、残念だなと思う」と回答した人に、「実際はどう対処して欲しいですか?」と聞いたところ、 「ヘアケアをしっかりして欲しい(58.2%)」と約6割近くの方が、髪の手入れを改善してほしいと答えた。

《浦和 武蔵》

関連記事