「脂肪ゼロ」の乳製品乳酸菌飲料『毎日飲むヤクルト』を、北関東&東北エリアでも販売

乳製品乳酸菌飲料「毎日飲むヤクルト」
2015年12月29日(火) 09時00分
乳製品乳酸菌飲料「毎日飲むヤクルト」
乳製品乳酸菌飲料「毎日飲むヤクルト」

 ヤクルト本社とセブン‐イレブン・ジャパンは、乳製品乳酸菌飲料『毎日飲むヤクルト』の販売エリアを拡大することを発表した。

 同商品は、健康維持が気になるビジネスパーソンをサポートする「脂肪ゼロ」の乳製品乳酸菌飲料として、本年11月24日から首都圏エリア限定で発売されたもの。

 特長は、ヤクルト独自の「乳酸菌シロタ株」が1本に300億個含まれているところで、30代~50代が不足しがちな成分(ビタミンC、ビタミンE)が配合されているという。

 これまでは、首都圏エリアでのみ提供されていたが、2016年1月5日から北関東地区(群馬県、栃木県、茨城県)で、さらに1月12日から東北地区(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)でも販売される。価格は税込118円。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事