タニタ「板橋Cityマラソン」での体重計測2000人達成で世界記録に挑戦

タニタ「板橋Cityマラソン」での体重計測2000人達成で世界記録に挑戦
2012年3月1日(木) 17時00分
【ダイエットクラブからのお知らせ】習慣化SNS「マイルール」はじめました!
タニタ「板橋Cityマラソン」での体重計測2000人達成で世界記録に挑戦
タニタ「板橋Cityマラソン」での体重計測2000人達成で世界記録に挑戦
タニタ「板橋Cityマラソン」での体重計測2000人達成で世界記録に挑戦
タニタ「板橋Cityマラソン」での体重計測2000人達成で世界記録に挑戦

 タニタは、体脂肪計・体組成計国内累計販売台数2000万台突破を記念し、3月18日(日)に開催される「板橋Cityマラソン」において、体重計測にかかわるギネス世界記録TMに挑戦する。

また、同時に、東日本大震災から1年を迎え、「いまわたしたちにできること」として同イベントを被災地の復興支援の一つとして位置づけ、チャリティー募金を実施する。

 イベントのスローガンは「callenge to the future」。

 東日本大震災の被災地復興に向けてチャレンジするあきらめない気持ちを伝えるため、未来志向の姿勢を表現。ギネス世界記録TMへの挑戦を通じて被災地復興と「生活者に健康をはかる」ことの重要性を身近に感じてもらおうという想いを込めている。

ギネス世界記録TMの認定は4時間以内に1000人以上の体重計測で達成されるが、2000万台突破にちなんで、計測人数2000人、計測合計200トンも目標に設定している。参加は誰でも可能で、全員に挑戦した証である「ギネス世界記録TM参加認定証」などを授与する。参加費は100円。集まった参加費は全額義援金として被災地に贈られる。

 計測にあたっては、着用している衣類の重さを最大で10kgまで差し引いて計測できる体組成計「インナースキャンBC-708」を12台使用。計測スタッフには地域交流の一環として地域住民ボランティア約20人が参加する。また、同イベントの主旨に賛同した企業と東日本大震災復興支援チャリティー実行委員会を組織し、チャリティー募金活動をバックアップ。企業と地域の人々との絆づくりを通じて、東日本大震災からの復興を支援するとともに記録達成を目指す。

 ギネス世界記録TMは、ギネス・ワールド・レコード社が発行する世界一のk6を集めた本。1955年にイギリスで初版が発行されて以来。37の言語に翻訳され、100カ国以上で通算1億冊以上も売れている。タニタではすでに、2009年に荒川市民マラソン(現・板橋Cityマラソン)で行った2884人による体脂肪率の計測がギネス世界記録TMとして登録されている。

 市民マラソンで走り、体重を計測して、ギネスブックの記録に貢献できるなんて、自分自身のモチベーションアップにも大いに役に立ちそうだ。

《ダイエットクラブ編集部》

関連記事