広告

強化ガラスを使用したスタイリッシュ体組成計を8月1日に発売…タニタ

インナースキャン50 BC-313
2013年7月19日(金) 19時00分
インナースキャン50 BC-313
インナースキャン50 BC-313

 タニタは、体重が50g単位で計測可能なハイスペック体組成計「インナースキャン50」シリーズに、スタイリッシュなフォルムの『BC-313』をラインアップし、8月1日に発売する。

 同商品は、本体外装に強化ガラスを採用することで薄く、インテリアにマッチする上質なデザインに仕上げたのが特徴である。

 同商品はインテリアの一部として生活に取り入れるシンプルでデザイン性に優れた家電や身の回り品の人気が高まっている中、そのようなトレンドを意識してデザイン性を追求。厚さ6mmの強化ガラスを採用するとともに、操作部を凹凸のない静電式タッチボタンにすることで薄く光沢のあるフラットな表面に仕上げた。

 カラーはリビングでも使えるように高級感のあるメタリックレッド、メタリックブラック、パールホワイトをラインアップ。大きさは縦217mm×横316mm×厚さ27mmと、収納場所を選ばない薄型コンパクト設計にするだけでなく、計測時に足元が安定するようワイドボディを採用している。

 計測項目は体重、体脂肪率、筋肉量、内臓脂肪レベル、基礎代謝量、体内年齢、推定骨量、BMI(体格指数)の8項目。すべて前回値に対しての増減を矢印で表示するとともに、体脂肪率、筋肉量、内臓脂肪レベル、基礎代謝量は標準値と比較した判定も表示する。

 体重は50g単位の高精度計測ができるため細かい変化をチェックできるほか、スポーツ選手にも対応できるアスリートモードを搭載。また使いやすさにもこだわり、表示部のディスプレイを通常の約1.5倍の大型サイズとして視認性を向上させている。乗るだけで電源が入るステップオン機能と、乗るだけであらかじめ登録した測定者を判別する自動認識(乗るピタ)機能を搭載し、初回設定後は、しゃがんでボタン操作をする煩わしさもなく約8秒で簡単に計測することができる。

《浦和 武蔵》
広告

関連記事

広告
広告
広告
広告
広告